イングリッシュ・コッカー・スパニエル図鑑

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの事をもっと良く知りましょう。

  1. ペットショップ 犬の家
  2. 犬図鑑
  3. イングリッシュ・コッカー・スパニエル について

イングリッシュ・コッカー・スパニエルについて、もっと知りましょう

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの特徴・性格分析

とっても元気で明るく、性格のいいイングリッシュ・コッカー・スパニエル。遊び好きで、子どもたちともよく遊びます。愛情深く、家族といっしょに過ごすことに幸せを感じる犬種です。また非常に賢く、とっても甘え上手なのです。うるうるしたまなざしで見つめられおねだりされると、ついついおやつをあげすぎてしまいます。とても食いしん坊なのですが、残念ながら太りやすい体質なので、食べさせすぎないように注意が必要です。従順で、優しい犬種ですので飼いやすく、理想的な家庭犬といえるでしょう。活発ながら落ち着きもあり、いろんな環境に適応できる柔軟性を持つ犬種ですので、アパートなど集合住宅でも飼育は可能です。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの種類

イギリスのスパニエルの中で最も古い犬種です。スペインに古くからいる鳥猟犬が原種とされていますが、イギリスのウェールズ地方で17世紀頃からヤマシギ猟に用いられ、コック(シギ)を狩る犬ということで、コッカ―と呼ばれるようになりました。猟の際は足の速さではポインターやセッターに劣るものの、丹念な捜索活動をし、鳥の臭いをかぎつけると、武者震いするように、尻尾を立てお尻を振ります。手ごろな大きさと、性格の良さから、イギリス、ヨーロッパで家庭犬としてとても人気の犬種です。順応性と実用性の高いこの犬種は鳥猟犬としてだけではなく、麻薬などの捜査犬としても使われ、美しい容姿からショードッグとしても人気です。アメリカン・コッカ―・スパニエルの祖先と言われています。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの毛色・見た目

愛らしい垂れ耳と、ウェーブのかかった絹のようなコートを身にまとった優美なイングリッシュ・コッカースパニエル。しかし、コンパクトなボディは力強い体格をし、がっしりした前脚、発達した深い胸、引き締まった腹部と、実はアスリート体型なのです。アメリカン・コッカ―より少しサイズは大きく、体高38~41cm、体重11~15kgです。ヘーゼル色の澄んだ眼は優しいまなざしをしています。耳、胸、腹、四肢は程よい長さのふさ毛で飾られています。毛色は、ホワイトにブルーやオレンジの入ったブルーローン、オレンジローン、単色のブラック、レッド、チョコ、ゴールド、ブラックタン、チョコタンなど、バリエーション豊かです。余分な毛はすき取るなど、定期的にお手入れが必要です。垂れ耳で汚れやすいので、耳のおそうじはこまめにしてあげてくださいね。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの値段・価格相場

長い垂れ耳を揺らしながら、幸せそうに主人のもとに駆けてくる忠実なイングリッシュ・コッカー・スパニエルの購入価格は10~25万円です。カラーや血統などによって価格が変わります。難聴、進行性網膜萎縮症(PRA)、家族性腎症(FN)など、遺伝的疾患の多い犬種です。単色のソリッドカラーの個体の中には、激怒症という先天異常の疾患を持つ個体が見られます。ペットショップで並ぶことの少ない犬種ですが、購入する際は犬種をよく理解し、繁殖に細心の注意を払っているブリーダーから購入するのがよいでしょう。DNA遺伝性欠陥検査を済ませ、報告書を見せてくれるようなブリーダーがベストです。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルのしつけ方法

かわいいのでつい甘やかしてしまいがちですが、気ままにさせておくと言うことをきかなくなります。飼い主がリーダーシップを発揮し、わかりやすく、メリハリのある態度でしつけをしてあげてくださいね。好奇心旺盛で、のみこみも速く、しつけの入りやすい犬種です。毎日ちゃんと訓練すれば問題ありません注意したいのは、突発性激怒症候群という先天異常の疾患を持つ個体が、この犬種に見られることです。この疾患を持つ犬は、前触れもなく、突然切れて噛みついてくるということがあります。スパニエル系に時折見られるのですが、この症状は疾患によるものであり、しつけで治るものではありません。このような症状があれば、獣医師に相談し対処することになります。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルのお散歩と運動

元来は主人であるハンターと連れ立って、緑の野原を駆け回っていたイングリッシュ・コッカー・スパニエル。スピードと持久力の豊富なフィールドドッグの性質を持っています。散歩は犬の社会化の意味でも重要ですので、いろいろな場所に連れ出して、人や他の犬や動物、車にも慣れさせます。活動できな犬種なので、運動は十分にさせてあげてくださいね。ドッグランなど野外の広い場所で、自由に走り回らせてあげましょう。また遊び好きで賢いので、何かゲームを考えていっしょに遊んであげたら、きっと喜びますよ。

可愛いイングリッシュ・コッカー・スパニエルを飼いたい方はこちら

記事一覧に戻る

スタッフブログ

スタッフブログ一覧を見る

コラム・豆知識