イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル図鑑

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの事をもっと良く知りましょう。

  1. ペットショップ 犬の家
  2. 犬図鑑
  3. イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル について

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルについて、もっと知りましょう

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの特徴・性格分析

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルは美しさと実用性を兼ね備えた中型の犬種です。イングリッシュ・コッカ―・スパニエルと似ていますが、スプリンガーは体高50cm,体重22㎏と、比べるとコッカーより10㎝ほど背が高く、体が大きいのです。性格は温和でのんき、明るく家族が大好きで、子ども達ともよく遊び、他の動物とも仲良くできます。そして、忠実で、一生懸命ご主人につき従う犬種なので、あまり長い間ひとりぼっちでの留守番には向きません。家族とともにいられることに安心と喜びを感じる犬種です。海外では現在でも猟犬として人気で、エネルギー、スタミナ、頭脳、集中力を持ち合わせた、非常にタフで熱心で、フィールドトライアル・アジリティーなどでも活躍しています。

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの種類

スパニエルという犬種は、8世紀にウェールズ王の法典に記されたランド・スパニエルが祖先だと考えられています。イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルは現在イギリスで最も愛好されている猟犬のひとつで、もっともスパニエルらしいスパニエル、と言われています。スパニエルとはバネのような瞬発力をもつことから名づけられ、猟犬でもセッターなどに比べると、小型で小回りがきき、鋭い嗅覚を持った犬達です。尖ったノバラの生えた藪の中、水をたたえた湿地帯の中をタフに走り回って、野鳥を追い出し、ハンターに撃たせたり、仕掛けられた網の方に飛び立たせたりと、ハンターたちの良き相棒となってきました。実は、以前はスプリンガーとコッカ―は区別されていませんでした。2犬種の違いは体のサイズだけなので、同腹仔の兄弟犬の中に、スプリンガーとコッカーがいたくらいです。19世紀後半になってイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルはイングリッシュ・コッカ―・スパニエルとと別犬種として認められました。フィールドタイプと、ショータイプにはっきり分かれており、フィールドタイプの方が若干小柄なようです。

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの毛色・見た目

コンパクトですが、スタイル抜群の躍動感あふれる体つきをしています。どのパーツもほどよいサイズで、左右対称のバランスのいい、調和のとれた体つきをしています。程よい長さの滑らかなコートを持ち、耳、胸、腹、四肢には、少しウェーブかかったふさ毛がついています。柔らかな、長い垂れ耳がとても優しい雰囲気を醸し出しています。イングリッシュ・コッカ―・スパニエルと似ていますが、体高50㎝、体重22㎏あり、コッカ―にや比べると、体高10㎝ほど高く、サイズが大きいのです。猟犬の習わしで断尾することもあります。コートのお手入れは、家でのブラッシングと定期的にトリミングが必要です。長い垂れ耳は、汚れやすいので、スヌードをつけたり、汚れたら拭いて清潔にしてあげてくだいね。

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの値段・価格相場

美しい毛並みを持つエレガントなイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの購入価格は15~30万円です。ドッグショーの系統とフィールド系の系統があり、どちらも両親がチャンピオンだったりと血統によってさらに高価になります。日本では登録数も少ない希少犬になりますので、ペットショップで扱うことはほとんどありません。遺伝的疾患が見られる犬種ですので、血統を十分に管理して繁殖させている信頼のおけるブリーダーより購入することが大切です。疾患としては進行性網膜萎縮症、眼瞼外反症、眼瞼内反症があります。それから突発性激怒症も見られる犬種です。販売後も子犬の健康に関してフォーローしてくれる、責任感のあるブリーダーを見つけてくださいね。

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルのしつけ方法

家族のことが大好きで、家庭犬として最適なイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルですが、毎日のしつけや訓練が必要です。我の強いエネルギッシュな犬種ですので、しつけをしないと、騒がしい扱いにくい犬になってしまうこともあります。子犬の頃から、社会化のためにいろいろな人や動物やものに慣れさせて、しつけでルールを教えることで、成長していく犬種なのです。非常に賢く、のみ込みの速い犬種ですので、飼い主さんと一緒に行う訓練なら、きっと喜んで従うことでしょう。スパニエル系に突発性激怒症という時折疾患が見られます。それまでおとなしくしていた犬が、前触れもなく急に眼の色を変えて、周囲のものに攻撃し始めるのです。これは先天異常の疾患であり、しつけで治すことはできませんので、獣医師に相談し対処することになります。

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルのお散歩と運動

底知れないスタミナと体力を持つイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルは、とにかく体を動かすことが大好きです。散歩はもちろんですが、十分に運動させてあげてくださいね。広い場所で、ボールを投げてレトリーブさせたり、ドッグランで走らせたり、しっかり体を動かして、ストレスをためないようにしましょう。広い野原を駆け回っていた犬種なので、アウトドアのお供にはぴったりの犬種です。また、水が好きなので夏場は泳げる場所を見つけてあげると、とっても喜びます。

可愛いイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルを飼いたい方はこちら

記事一覧に戻る

スタッフブログ

スタッフブログ一覧を見る

コラム・豆知識