豆柴図鑑

豆柴の事をもっと良く知りましょう。

  1. ペットショップ 犬の家
  2. 犬図鑑
  3. 豆柴 について

豆柴について、もっと知りましょう

豆柴の特徴・性格分析

豆柴の特徴はなんといってもそのサイズでしょう。通常の柴犬に比べると体高は8cm前後も違い、体重もその分軽くなります。そのため子供やお年寄りの方でも飼いやすく、またきれい好きで主人に忠実、体も丈夫なので、室内飼いにぴったりです。性格は柴犬そのものなので、飼い主に対して忠実で純情・聡明で精一杯愛情を示してくれます。強いて言えば通常のサイズの柴犬よりも体が小さい分、甘えん坊さんですよ。番犬としても根強く活躍している柴犬が室内で飼えるなんて、なんとも頼もしいですよね。

豆柴の種類

豆柴は平均的な柴犬よりも小さいもののことを呼び、種類としては公認として認められていません。そのため「豆柴」と思って購入したら普通の柴犬のサイズになってしまった、という話はよくあります。豆柴のサイズはオスは30cm少し大きいくらい、メスは30cm程とされていて、通常の柴犬と並ぶと小さいことが一目瞭然です。ちなみにさらに小さいサイズの小豆柴というタイプもいるんです。豆柴はもともと柴犬の小さいもの同士で交配させてきた歴史があり、無理やり他の小型犬と交雑されてきたわけではないのです。

豆柴の毛色・見た目

豆柴の毛色は柴犬と同じく赤・黒・白・胡麻があります。赤は柴犬の代表色できれいな茶色をしていて、黒は黒い体毛にまゆ麻呂のような白い斑点が特徴。胡麻はとても希少で、他の毛色がバランスよく混ざった色味をしています。白は黒になりかけた子で、出産の予定が立たない珍しい毛色なんですよ。見た目は柴犬の小さいものなのでそのまま縮小したような感じですが、顔つきはやはり小さい分柴犬の凛々しさは少し後退し、かわいらしさが目立つようになっています。

豆柴の値段・価格相場

ころころふわふわで、まるで動く人形のような豆柴の価格は20~30万円が相場。実は豆柴という犬種はなくただ小さい柴犬のことを言うので、実際は柴犬に分類されます。そのため通常の柴犬に比べると小さくて希少価値が高いことから、10万円前後高い値段がつく傾向にあります。価格は骨格や目の位置・鼻の長さなど身体的特徴によって多少前後されますが、毛色では赤はスタンダードで平均的、白は価格差が大きく出産予定が立ちにくいので珍しく、黒や胡麻は高くなる傾向にあります。

豆柴のしつけ方法

豆柴はかわいい要素が強い分、通常の柴犬と接し方を変えて甘やかしてしまう人も少なくないかと思いますが、性格は柴犬そのものなので威厳を持って接することが必要です。実は柴犬はオオカミの遺伝子的要素を最も持った犬種のため、気難しくプライドが高いなど、野生感ある性格です。最初から甘やかしてしまうと本能が優先して出てきてしまうので、柴犬をしつけている、という自覚をしっかり持って接してくださいね。しつけが上手くいけばこの上なく愛らしく頼もしいパートナーとしてあなたの傍にいてくれますよ。

豆柴のお散歩と運動

小型犬と言っても本来パワー溢れる柴犬ですので、1日2回、30分程度のお散歩をしてあげましょう。運動が大好きなので、飼い主と外に出るのをとても楽しみにしています。他の小型犬と同じように、室内だけの遊びで終わらすなどしないように注意してくださいね。また外に出ることで社会性を身に付け、ストレス発散にも繋がります。大切な家族の健康のため、お互いのスキンシップのためにも、しっかりお散歩の時間はとって一緒に出掛けてあげてください。

可愛い豆柴を飼いたい方はこちら

記事一覧に戻る

スタッフブログ

スタッフブログ一覧を見る

コラム・豆知識