ウェルシュ・コーギー・ペンブローク図鑑

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの事をもっと良く知りましょう。

  1. ペットショップ 犬の家
  2. 犬図鑑
  3. ウェルシュ・コーギー・ペンブローク について

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークについて、もっと知りましょう

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの特徴・性格分析

ウェルシュ・コーギーにはペンブロークとカーディガン、2種類のコーギーがいます。日本ではペンブロークの飼育数が断然多く、コーギーと言えば、たいていはペンブロークのことです。ペンブロークはとにかく元気がよく、じゃれたり、遊んだりするのが大好きです。やんちゃでひとなつこく甘えん坊です。そのくせ、意志が強く、自立心も旺盛です。牛追犬の性でしょうか、歩く飼い主さんのかかとに甘噛みすることもありますので、気をつけてくださいね。そして、ペンブロークの持ち前の負けん気の強さが、ドッグランなどでの他の犬とのトラブルにつながることもありますので、注意が必要です。よく吠え、吠え声も大きいので、番犬としては適任です。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの種類

ペンブロークの起源は諸説ありますが、とにかく12世紀にはイギリス・ウェールズのペンブロークシャーにいたことは確かなようです。牧牛に欠かせないワーキングドッグで、牛のかかとに嚙みつきながら、踏みつぶされないように、牛を柵に追い込む仕事をしていました。それ以外にも、番犬、ネズミ退治といろいろな仕事を任された働き者です。1936年キング・ジョージ6世がペンブロークを娘に与えて以来、エリザぺス2世にも寵愛され、イギリス王室の犬として世界に知られるようになりました。ただし、断尾の習わしが動物愛護の精神に反するとして、本国のイギリスでは頭数が激減しています。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの毛色・見た目

首をかしげてつぶらな瞳で見つめられたら、ついついおやつをあげたくなるくらい、キュートなペンブロークです。ピンと立った三角の耳、茶目っ気のある顔立ちはキツネに似ていると言われています。尻尾は断尾するのが習わしですが、短尾で生まれる子も時々おり、最近は断尾しないこともあるようです。体つきは、短足胴長、小柄ながら筋肉質でしっかりした頑丈なボディを持っています。見た目がそっくりなカーディガンより、体は小さめで胴も短いのです。毛質は寒さに強い厚手のダブルコート。毛色はレッド、セーブル、フォーン、ブラックタン、トライ。ホワイトが入っていることもあります。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの値段・価格相場

お茶目であいきょうのあるかわいい顔立ちと、短足胴長のルックスに癒される、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの購入価格は、10~20万円です。チャンピオン犬の直子など、血統によっては高値がつくこともあります。人気犬種ですので、ペットショップでも販売していますし、ブリーダーの数も多く、信頼のおける販売元を選んで購入することができます。購入の際は、ぜひ親犬を見せてもらいましょう。そして、血統や犬種のスタンダードを守り、考えて繁殖しているのか確認してくださいね。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのしつけ方法

賢いペンブロークはのみ込みも早く、訓練も入りやすい犬種です。反面、意志が強く、自立心が旺盛で頑固なところも。しつけは根比べになることもあります。飼い主は折れないように、おおらかに、忍耐強くしつけることことが大切ですよ。それから、コーギーは警戒心が強く、吠え声も大きいので、幼い子犬の頃から、外へ連れ出して、よその人や他の犬・動物、車やバイクの音、いろいろなものに慣れさせて、怖がらなくてもいいこと、吠えなくてもいいことを理解させてあげてくださいね。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのお散歩と運動

小型犬とは言えないくらい、走る姿はパワフルなペンブローク。牛を追いかけていた活動的な犬種なので、運動は毎日2回、たっぷりと時間を取ってあげましょう。散歩だけではなく、ドッグランなどで思いっきり走らせてあげると喜びますよ。運動神経抜群のペンブロークですのでドッグスポーツなども楽しめますね。ただし、胴長ですので、腰に負担がかかることが多いのです。スポーツをする場合は、十分に筋肉をつけてから、適度に行ってくださいね。食欲旺盛で太りやすい体質です。食餌と運動を管理して、肥満にならないようにしましょう。

可愛いウェルシュ・コーギー・ペンブロークを飼いたい方はこちら

記事一覧に戻る

スタッフブログ

スタッフブログ一覧を見る

コラム・豆知識