ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア図鑑

ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアの事をもっと良く知りましょう。

  1. ペットショップ 犬の家
  2. 犬図鑑
  3. ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア について

ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアについて、もっと知りましょう

ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアの特徴・性格分析

海外ではトップを争う人気犬種。真っ白なぬいぐるみのような可愛らしいウェスティ―ですが、見た目の愛らしさにだまされてはいけません。本当は、とってもやんちゃ。喧嘩上等の向こう見ず、鼻っ柱が強く小生意気なテリアらしいテリアです。狩りの腕前だって、テリアの中では一番の凄腕です。小柄ならが頑健で、スタミナもあり、軽快で素早く動きます。スコットランドのテリアの中では最も明るく楽天的。好奇心いっぱいで、いつも何か楽しいことはないか、遊べることはないか考えています。社交的で子どもともよく遊びます。小型獣を狩る狩猟犬なので、他のペットとは仲良くなれないかもしれません。でも、どんな環境でもマイペースな頼もしいウェスティは、素晴らしい家庭犬になります。警戒心も強く番犬にもなります。

ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアの種類

原産国はイギリス、故郷のスコットランドでは白いテリアは虚弱で臆病とされ、生まれてまもなく間引きされていました。マーカム大佐が白いケアン・テリアの繁殖に身を投じ、やがて白いテリアたちは、スコットランドの荒れ地でよく見られるようになりました。白いテリアだって、ケアンテリアに負けないくらい勇敢に巧みにキツネやアナグマ狩りができる、ということを証明し、見事に名誉を挽回したのです。白いスコティッシュ・テリアの犬種は他にもありましたが、1904年にウエスト・ハイランド・テリアの名前で統一されました。スコッチウィスキーの宣伝に登場すると、その姿は世界中に知られるようになり、一躍人気犬種になりました。

ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアの毛色・見た目

真っ白で光沢のある美しいコート、真上にピンと立った可愛らしい耳と尾、くるくるとよく動く好奇心いっぱいの瞳。背は短く、コンパクトなボディをしています。足の短い犬種の多いテリア種ですが、ウェスティーの足はそれほど短くありません。毛色はピュアホワイトのみ、針金のように固い毛はダブルコートで、頭と顔の毛量が多いです。日頃の手入れはブラッシングと、定期的にトリミングが必要です。尾の裏の毛は衛生上短くしてくださいね。生まれたばかりの子犬の鼻と肉球はピンクですが、やがてブラックに変わります。ピンとまっすぐな尾は断尾しません。

ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアの値段・価格相場

『ウェスティー』の愛称で親しまれている、真っ白で小柄なテリア、ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアの購入価格は20~30万円です。ペットショップでも時折見かけることがありますが、常時ショップに並ぶ犬種ではありません。購入する時はブリーダーからになります。見学をして親犬を見せてもらい、犬種の性格やしつけの仕方、かかりやすい病気などについてきちんと説明してくれる、信頼のおけるブリーダーより購入しましょう。

ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアのしつけ方法

とってもテリア気質です。テリアとはラテン語で土を意味するテラからきたものです。土中に潜む獲物を狩りだすことから名づけられと言われています。テリア種は優れた嗅覚を持ち、敏捷で、活気と闘争心にあふれ、賢く、そして頑固なのです。可愛らしさについ甘やかしたくなりますが、わがままし放題にするとかえって犬のためによくありません。自分のキュートさをよく知っているので、可愛さを武器にわがままを押し通す術を身につけています。しつけの手はゆるめず、かと言って、怒鳴りつけたり抑えつけたりすると、犬から不信感を買います。しつけは飼い主さんの度量が試されるところです。アレルギー性の皮膚炎が見られるので、注意が必要です。

ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアのお散歩と運動

運動が大好きなので、運動はできるだけ長い時間させてあげてくださいね。散歩やジョギング、たまにドッグランで大暴れさせてあげましょう。噛むことが大好きなので、フェッチなど噛んでもいいものを与えておくとストレス発散になりますよ。庭などで放す場合は、逃亡しないように塀や垣根に隙間を作らないように注意が必要です。散歩の時、頭ごしにリードを引っ張り続けると、犬のプライドを傷つけ、いつまでも吠え続けることもあるそうです。

可愛いウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアを飼いたい方はこちら

記事一覧に戻る

スタッフブログ

スタッフブログ一覧を見る

コラム・豆知識