コラム・豆知識

ペットと元気に暮らすために役立つコラムや豆知識をご紹介します。

  1. ペットショップ 犬の家&猫の里
  2. コラム・豆知識
  3. 愛犬の口臭が気になる!犬の口臭対策はどうすればいいの?
病気

愛犬の口臭が気になる!犬の口臭対策はどうすればいいの?

愛犬とスキンシップをとっているときに、ふと愛犬の口臭が気になったことはないでしょうか。
人間のように歯磨きできないことから多少のニオイは仕方ないかもしれませんが、それでも軽減できるのであればしたいですよね。
愛犬の口臭が気になるときはどのような対策が有効なのでしょうか。

犬の口臭の原因

犬の口臭がきつくなってしまう原因はいくつかあります。

歯周病

犬の口臭の原因としてもっとも多いのが歯周病です。食事のあとにお手入れをしないと、歯垢ができてしまいます。細菌の塊である歯垢をそのままにしておくと、歯と歯茎の間に入って炎症を起こし、歯周病へと発展します。歯周病になると歯茎から膿が出てくるのですが、それが口臭のもととなっています。

口の乾き

犬は体温を調節するために、口を開けてハアハアと呼吸をします。特に暑い季節は頻繁に行うので、口が乾きやすい傾向にあります。唾液が減少すると、口内細菌が増えて口臭がきつくなってしまうのです。
また、病院に行くなどストレスがかかることも口の乾きを促すので、口臭を感じやすくなります。

食糞

犬の中には自分の排泄物を食べてしまう子がいるので、それが直接的な口臭の原因になっていることがあります。
なぜ排泄物を食べてしまうのかというと、母犬は住みかを衛生的に保ったり、天敵がニオイにつられてすみかに近づかないようにために自分の子どもの排泄物を食べるとされています。

胃腸や内臓の不調

実は体の調子が良くないときも口臭がきつくなってしまいます。腎臓や肝臓は老廃物を排出する働きがあるのですが、そこが不調だと老廃物が体内にたまってアンモニアのような独特なニオイを放つことがあります。
また、胃炎を患っている場合は、胃酸の分泌が多くなってしまうことから酸っぱいニオイがします。

効果的な口臭対策は?

毎日歯磨きをする

食事後、数時間ほどで歯垢はできてしまいます。そのため、ドッグフードを食べたら、歯ブラシを使用して歯磨きするようにしましょう。ブラシを嫌がるときは、歯磨きシートを使って、歯垢をふき取るだけでも違います。

本格的に歯磨きが必要になるのは3歳以上ですが、子犬のうちから練習しておくと、成長してからも歯磨きしやすくなります。飼い主が口を触っても嫌がらないようにしつけたり、歯ブラシに慣れさせておきましょう。
触りにくい奥歯に関しては、歯磨きガムをかませることでケアすることができます。

病院で歯石を除去してもらう

歯垢のうちは歯ブラシやガーゼなどでも除去することができるのですが、歯石になってしまうと硬くなるので、セルフケアで取り除くことは難しいです。歯周病に発展してしまう前に、動物病院で除去してもらいましょう。

与えるドッグフードを工夫してみる

犬に与えるフードには、ドライフードや缶詰などさまざまなものがありますが、ドライフードのほうが、歯に残りにくいとされています。口臭が気になる場合は、フードを見直してみるのも一つの対策です。

健康診断を受ける

原因のところで紹介した通り、口臭は病気のサインとなっていることがあります。健康診断で、内臓・胃・腸などに異常がないか調べて、原因となっている病気を早期に治療するようにしましょう。

まとめ

犬は愛情表現を示すときに飼い主さんの顔をなめることがよくあります。かわいらしい反面、口臭が気になってしまうことも…。

もっとも多い口臭の原因は歯周病とされているので、食事の後のオーラルケアが一番の対策といえます。

本格的なケアが必要になるのは成犬になってからですが、成犬になってから歯磨きを覚えさせるのは大変なので、子犬のうちから習慣化させておくことをおすすめします。
また、病気が原因で口臭がきつくなることもあります。しっかりお手入れしているはずなのに…という場合は病院を受診して愛犬の体に異常がないか調べてもらってください。

子犬を探したいからはこちら

記事一覧に戻る

コラムのカテゴリー

スタッフブログ

スタッフブログ一覧を見る

コラム・豆知識