子犬・子猫とのライフステージを全面的にサポートするお店です。

犬図鑑

タイニープードルが注意すべき病気と怪我!病気と怪我の種類や対策、家庭で出来る予防について解説

2024.01.12 2024.01.12

小さな体が愛らしいタイニープードルですが、家族として迎えるなら長く健康に過ごしてほしいですよね。この記事では、タイニープードルが気を付けるべき病気と怪我について、その種類や対策、家庭でできる予防策についてお伝えしていきます。

 

タイニープードルの寿命は15歳前後

タイニープードルは近年では15年前後が寿命とされています。もちろん、これはあくまで平均値であり、適切なケアと環境によっては、これよりも長生きするケースも珍しくありません。実際、健康な生活習慣と十分な医療ケアを受けたタイニープードルは、時に20年近く生きることもあります。

 

タイニープードルがかかりやすい病気

タイニープードルをはじめとする家庭で飼育される犬種は、遺伝的要因と年齢的要因で病気になる場合があります。詳しく以下で説明していきます。

 

遺伝による病気

タイニープードルをはじめとして家庭で飼われている犬種は遺伝的要因により病気を発症することがあります。これらの病気は犬の生まれつきの体質や遺伝子に起因しているため、予防が難しい場合もあります。

 

進行性網膜萎縮症

この眼病は、網膜が徐々に機能を失い、最終的には失明に至る可能性があります。初期段階では症状が顕著でないため、定期的な眼科検査が重要です。

 

膝蓋骨脱臼

小型犬に多く見られるこの病気は、膝蓋骨(ひざのお皿)が正常な位置から外れることによって起こり、後天的な要因で発症することもあります。程度によっては運動制限や体重管理、手術などで改善します。

 

加齢による病気

タイニープードルは年を取るにつれて、加齢に伴うさまざまな健康問題に直面することがあります。

 

関節炎

高齢のタイニープードルは関節炎にかかりやすくなります。これは関節の摩耗や損傷によって発生し、痛みや動きにくさを引き起こします。定期的で無理のない運動と適切な栄養管理が重要です。

 

心臓病

年齢と共に心臓病のリスクが高まります。早期発見と治療が鍵となりますので、定期的な健康診断が不可欠です。

 

認知機能障害

人間のアルツハイマー病に似た症状を示すことがあります。犬の行動や習慣の変化に注意し、獣医さんと相談しながら適切なケアを行うことが大切です。

 

タイニープードルの病気対策

人間と同じように、タイニープードルをはじめとする犬は健康上の問題を抱える可能性をもっています。このため、日常の予防ケアと病気を発症してしまったときの対応方法を適切に理解しておくことが重要です。

 

日常の予防ケア

タイニープードルの健康を守るためには、日々の予防ケアが欠かせません。ここでは、その具体的な方法をいくつか紹介します。

 

適切な食事の管理

タイニープードルは適切な栄養バランスを持った食事を摂取することが大切です。肥満を防ぐためにも、食事量には特に注意を払い、獣医さんのアドバイスに従ってください。

 

定期的な運動

適度な運動は、タイニープードルの体力維持やストレスの軽減に役立ちます。しかし、無理のない範囲で行うことが重要です。散歩や軽い運動を日常的に取り入れましょう。

 

定期的な健康チェック

獣医さんによる定期的な健康チェックは、早期発見と早期治療につながります。年に1回以上は健康診断を受けるようにしましょう。

 

病気を発症してしまった際の対応方法

残念ながら、タイニープードルが病気になってしまった場合、迅速かつ適切な対応が求められます。

 

早期の発見と対応

病気の初期段階では、症状が軽微なことが多いです。普段の様子に変化が見られた時は、すぐに獣医さんに相談しましょう。

 

獣医さんの指示に従う

病気が発覚した場合、獣医さんの指示に従って治療を進めることが最も重要です。治療法や薬の服用については、正確に理解して守るようにしましょう。

 

飼い主さんのサポート

病気のタイニープードルには、飼い主さんの愛情深いケアが必要です。安心できる環境を提供し、必要に応じて看護を行ってください。

 

タイニープードルに多い怪我の種類

タイニープードルはその小さな体格と活発な性格から、特定の怪我を負いやすい傾向があります。家庭内や外出先での怪我は、飼い主さんが注意深く対策をすることで予防できることが多いです。

 

家庭内で起こりやすい怪我

タイニープードルは家の中で活動的に動き回ることが多いため、家庭内での怪我には特に注意が必要です。以下のような事故や怪我に気を付けてください。

 

滑りやすい床での転倒

タイニープードルは滑りやすい床では足を踏み外しやすく、転倒して怪我をするリスクがあります。股関節を痛めたり捻挫してしまうこともあります。

 

高い場所からの落下

好奇心旺盛なタイニープードルは高い場所に登ることがありますが、落下して怪我をしてしまうことがあります。

 

家具や物にぶつかる

家の中を走り回る際に、家具や物にぶつかって怪我をすることがあります。

 

誤飲誤食による窒息

床に落ちている物や小さいおもちゃなどを口に入れて、誤って飲み込んでしまうことがあります。場合によっては窒息を招き、重篤な状態に陥りかねません。

 

外出先で起こりやすい怪我

外出する際にも、タイニープードルはさまざまな怪我のリスクにさらされます。適切な配慮と予防措置で、これらのリスクを軽減することができます。

 

交通事故

外出先では交通事故のリスクが高まります。急に走り出した際に車や自転車とぶつかってしまうことがあります。

 

他の犬とのトラブル

散歩中に他の犬とのトラブルが起こることがあります。タイニープードルは温厚な性格ですが、他の犬の性格や体格によって、他の犬から思わぬ反応を受けて怪我をさせられてしまうこともあるでしょう。

 

地面に落ちている物などによる怪我

散歩中に地面にガラス片や金属のゴミなどの鋭い物が落ちていて、それを踏んでしまうことで怪我が発生することがあります。

 

タイニープードルの怪我の対策

タイニープードルが怪我をしないようにするための家庭内と外出先での対策をご紹介します。

 

家庭内での怪我の対策

家の中で安全に過ごせるようにするためには、以下の点に注意しましょう。

 

滑りやすい床の対策

家の中の滑りやすい床は、タイニープードルが怪我をする原因となります。特に、タイルやフローリングの床は注意が必要です。滑り止めのマットやラグを敷くことで、犬が安心して歩ける環境を作りましょう。

 

家具の角の保護

部屋の家具の角は、タイニープードルがぶつかって怪我をする可能性があります。特に低い位置にあるテーブルや椅子の角には、衝撃を和らげるためのクッション材を取り付けることが効果的です。

 

家具の配置を変更

タイニープードルが家具にのぼって高い場所に行ってしまわないように、家具の配置に注意しましょう。低い家具から高い家具へと登れないようにしましょう。

 

小さな物の管理

タイニープードルは小さな物を誤って飲み込んだりすることがあります。特に危険なのは、小さなおもちゃや食べ物のかけらです。こまめな掃除はもちろんのこと、口にしてしまいやすい物は床や手の届く場所に置かないようにしましょう。

 

外出先での怪我の対策

外出先では、タイニープードルが様々な環境や刺激にさらされます。安全な散歩やお出かけをするためには、以下の点を心掛けることが大切です。

 

適切なリードの使用

タイニープードルのサイズに合ったリードを選ぶことが重要です。長すぎるリードは、犬が自由に動きすぎてしまい危険です。また、強い引っ張りにも対応できる丈夫なリードを使用しましょう。

 

人混みや他の犬を避ける

人混みの中では、タイニープードルが足元で踏まれたり、ストレスを感じたりすることがありますので、ゆったりとお散歩できるルートを選びましょう。また他の犬と関わりが多い場所を避けたり、どうしても交流したい場合は飼い主さんが他の犬との関わりを常に観察しておくようにしましょう。

 

犬用の靴を履かせる

犬の足を保護してくれる犬用の靴を履かせることで、散歩中の予期せぬ怪我を防ぐことができます。サイズがしっかりと合った物を選び、股関節に余計な負担がかからないようにするなどの対策も必要です。

 

まとめ

タイニープードルは寿命が15年前後と言われていますが、適切なケアでより長く健康的に暮らせる可能性があります。そのためには病気や怪我に注意しましょう。病気は遺伝的な病気と年齢に伴う病気が起こりやすいですが、予防ケアとしては適切な食事管理、定期的な運動、健康チェックをしていきましょう。怪我予防として、家庭内では滑りやすい床への対策、家具の角の保護、小さな物の管理などが大切です。また外出時には適切なリードの使用、人混みや他の犬の避ける、犬用の靴を履かせることが効果的です。

こんな子たちがいます

この記事の監修者

犬の家&猫の里 編集部

犬の家&猫の里は、ワンちゃんネコちゃん専門のペットショップです。
動物病院やトリミング施設を併設した店舗、ペットホテルの運営など、
飼い主さまと大切なペットを末永くサポートさせて頂きます。
日々ワンちゃんネコちゃんに対する知識レベル向上に励み、みなさまに
お役立ち情報をお届けします。

会社概要を見る

その他の記事

タイニープードルの特徴は?寿命や各種プードルとの大きさ比較、毎日のケアについて
タイニープードルとトイプードルの違いは?外見や寿命、性格に合った飼い方について解説
タイニープードルの理想体重は?月齢ごとの体重や体重管理のコツを解説
タイニープードルとプードルの違いは?タイニープードルの性格や性別ごとの特徴、しつけのポイントや問題行動を解説
タイニープードルの寿命は?長生きの秘訣や気をつけたい病気や怪我の対策について
タイニープードルの子犬を探す