子犬・子猫とのライフステージを全面的にサポートするお店です。

犬図鑑

タイニープードルの飼い方は?歴史や性格、飼う時に必要なアイテム、運動量、食事量、問題行動への対応について

2024.01.12 2024.01.12

これからタイニープードルを家族に迎えたいと思ったときに気になるのは、タイニープードルの飼い方ですよね。この記事ではタイニープードルをはじめて飼う方のために、タイニープードルの歴史や性格などの基本的な情報から、タイニープードルを飼う時に必要な物、適切な運動量と食事量、さらには起こりやすい問題行動への対応方法も解説していきます。

 

タイニープードルの歴史

家庭で飼われる犬種として人気の高いタイニープードルですが、どのような起源や歴史があるのでしょうか。

 

起源と変遷

16世紀ごろからプードルという犬種は注目を集めており、18世紀頃により小さな個体、今でいうミニチュアプードルやトイプードルが誕生したと言われています。それからもより小型化は進み、近年更に小さいプードルとしてタイニープードルやティーカッププードルという呼称が広がりつつあります。

 

現代のタイニープードル

タイニープードルはその小さな体と愛嬌のある性格で、現代ではペットとしてだけでなく、セラピー犬やショードッグとしても活躍しています。アレルギー反応を引き起こしにくい被毛は、アレルギーを持つ飼い主さんにも適しています。

 

タイニープードルの性格

ここからは飼う時に参考にできるタイニープードルの性格について解説していきます。

 

タイニープードルの基本的な性格

タイニープードルは非常に知能が高く、学習能力に優れています。家族に対してとても愛情深く、感情表現が豊かなため、飼い主さんとの深い絆を築くことができます。

 

他のペットや子供との関係

タイニープードルはフレンドリーな性格で、他のペットや子供とも上手くやっていけます。しかし、タイニープードルは小さな体のため、特に子供がいる家庭では注意が必要です。

 

子供との関わり

子供たちにタイニープードルに対して優しく接する方法を学んでもらうことが大切です。タイニープードルは小柄なため、乱暴に扱ってしまうと思わぬ怪我をしてしまうことがあります。飼い主さんや獣医さんから適切な扱い方を教えてもらうことが良いでしょう。

 

他のペットとの共存

すでに先輩ペットがいる場合は、他のペットとの共存は慎重に進める必要があります。最初はゲージやサークルの中に入れて距離を保ち、少しずつ他のペットと空間を一緒にしていく時間を増やすなど、段階的に慣れさせると良いでしょう。

 

タイニープードルを飼う際に必要な物

犬を飼う時には色々な物が必要で、何を準備すればいいか迷いますよね。以下ではタイニープードルを飼う時に準備しておくべき物について説明していきます。

 

毎日のケアに必要なアイテム

タイニープードルの健康と快適な生活を維持するためには、日々のケアが重要です。そのために必要な基本的なアイテムをご紹介します。

 

ブラッシング用品

タイニープードルの美しい被毛を保つためには、定期的なブラッシングが必須です。特に、絡みやすい被毛を持つこの犬種には、根元から毛をとかすことができる硬めのブラシやコームがおすすめです。使い方が不安な場合は迎えたショップや獣医師などにアドバイスを貰いましょう。

 

爪切り

定期的な爪切りは、タイニープードルの足の健康を守る上で重要です。適切なサイズと形状の爪切りを選び、獣医さんのアドバイスを参考に、安全に爪切りを行いましょう。

 

歯磨き用品

タイニープードルをはじめとする家庭で飼われる犬種は歯周病になりやすいため、毎日の歯磨きが推奨されています。犬用の歯ブラシと歯磨き粉を用意し、飼い主さんが穏やかにケアを行いましょう。

 

快適な生活のためのおすすめグッズ

タイニープードルとの生活をより快適にするために、準備しておくと良いおすすめのグッズをいくつかご紹介します。

 

ベッドやクッション

タイニープードルをはじめとする室内で飼われる犬は快適な睡眠環境を用意する必要があります。体を支えるベッドやクッションを準備してあげることで、自分だけのリラックスできる空間をつくってあげることができます。

 

おもちゃ

タイニープードルは活発で遊び好きです。知的好奇心を満たすパズルトイや、運動能力を鍛えるボールなど、様々な種類のおもちゃを用意すると良いでしょう。

 

安全で体に合ったハーネス

散歩時の安全を考え、体にフィットする快適なハーネスを選ぶことが大切です。首輪だけでなく、体全体を支えるハーネスを使うことで、犬の安全を守ることができます。

 

タイニープードルの運動と食事

タイニープードルは日々どのくらいの運動量と食事量が必要なのか、以下でその適正量を解説していきます。

 

適切な運動量は?

タイニープードルは、活発で元気な犬種ですが、小さな体のため過度な運動には向いていません。適切な運動量は、1日1回、15分から30分程度の散歩が理想的です。散歩以外にも、家の中での軽い遊びやトレーニングを取り入れることができます。

 

散歩はとても大事

散歩はタイニープードルの心身の健康を維持するために重要です。定期的な散歩は、肥満の予防や関節の健康を保つ効果があります。また、新しい環境や香りを楽しむことで、心の健康にも良い影響を与えます。

しかし、特に暑い日や寒い日は、運動量を調整し、犬の体調に注意を払うことが大切です。

 

適切な食事量は?

タイニープードルの食事量は、年齢、体重、活動レベルによって異なります。一般的に、成犬のタイニープードルには、1日に体重1kgあたり100~120kcalの摂取が推奨されます。

個体差もありますのでペットフードのパッケージに記載された指示に従いながら、獣医さんのアドバイスを参考に調整していきましょう。

 

食事の選び方

質の良いドッグフードを選ぶことは重要です。栄養バランスが取れたフードは、タイニープードルの健康を維持する上で欠かせません。添加物が少ない体の負担が軽いペットフードを選ぶようにしましょう。

 

タイニープードルのしつけ

適切なしつけをすることは、飼い主さんと犬が快適に生活するためにとても大切です。ここからは基本的なしつけの方法とタイニープードルに起こりやすい問題行動の種類と対応についてお話していきます。

 

基本のしつけ

タイニープードルは賢く、しつけがしやすい犬種です。しかし正しい方法でトレーニングをしないと、望ましくない行動を学んでしまうことがあります。

まず第一に基本のしつけとして、「おすわり」「待て」「お手」「おいで」などの基本的なコマンドを覚えさせるようにしましょう。これらのコマンドは、タイニープードルとのコミュニケーションを円滑にし、日常生活での問題を未然に防ぐのに役立ちます。

問題行動の種類と対応

タイニープードルはしばしば、過剰な吠えや飼い主さんと離れることを怖がる分離不安などの問題行動を示すことがあります。これらの行動は、環境の変化、不安などが原因で起こります。それぞれの問題行動には適切な対応をしていきましょう。

 

過剰な吠えへの対処法

タイニープードルが過剰に吠える場合、まずは吠える原因を特定します。恐怖や興奮、退屈など、さまざまな理由が考えられます。原因に応じて、安定した環境を提供したり、適切な運動や刺激を与えたりすることで、吠える頻度を減らすことができます。また、犬が静かにしているときに褒めることで、静かでいられるようになります。

 

分離不安への対応

飼い主さんと離れることを怖がる分離不安を示すタイニープードルには、短時間から始めて徐々に飼い主さんがいない時間を延ばしていくことが重要です。安心できるおもちゃや特別なおやつを提供し、飼い主さんがいなくても快適であることを学ばせます。急に長時間一人にしないように注意し、徐々に犬が一人でいる時間に慣れさせることが大切です。

 

まとめ

タイニープードルは賢くフレンドリーな性格のため、家庭犬として飼いやすい犬種です。家族として迎えたあとは、まず「おすわり」「お手」などの基本のコマンド練習を行うようにしましょう。正しい行動をしたらすぐに褒めてご褒美を与えます。また、過剰な吠えや分離不安などの問題行動には適切に対応することが大切です。

犬を飼う上で必要な物をしっかりと揃えて、獣医さんの意見も取り入れながら愛犬に合った運動量や食事量を提供していくようにしましょう。

こんな子たちがいます

この記事の監修者

犬の家&猫の里 編集部

犬の家&猫の里は、ワンちゃんネコちゃん専門のペットショップです。
動物病院やトリミング施設を併設した店舗、ペットホテルの運営など、
飼い主さまと大切なペットを末永くサポートさせて頂きます。
日々ワンちゃんネコちゃんに対する知識レベル向上に励み、みなさまに
お役立ち情報をお届けします。

会社概要を見る

その他の記事

タイニープードルの特徴は?寿命や各種プードルとの大きさ比較、毎日のケアについて
タイニープードルとトイプードルの違いは?外見や寿命、性格に合った飼い方について解説
タイニープードルとプードルの違いは?タイニープードルの性格や性別ごとの特徴、しつけのポイントや問題行動を解説
タイニープードルの理想体重は?月齢ごとの体重や体重管理のコツを解説
タイニープードルの寿命は?長生きの秘訣や気をつけたい病気や怪我の対策について
タイニープードルの子犬を探す