子犬・子猫とのライフステージを全面的にサポートするお店です。

お問い合わせ

犬図鑑

ゴールデンレトリバーの特徴・性格・飼い方を解説

ゴールデンレトリバーの特徴

ゴールデンレトリバーは日本では、全犬種の中でもトップ10に入るほどの人気犬種です。大型犬の中ではナンバー1の人気を誇り、名実ともに大型犬の代表格と言ってもよいでしょう。

そんなゴールデンレトリバーですが、19世紀の貴族の手によって狩猟犬として生まれたとされています。レトリバーという名はレトリーブ(回収)が語源で、主人が仕留めた獲物を回収するのに大いに活躍していたようです。

そのような役割であったためか、ゴールデンレトリバーは高い知能と、重いものを運べる強靭な首や顎の筋肉、俊敏な足腰と犬としては非常に高いスペックを持っています。

性格

性格はとにかく陽気で活発、そして社交的と大型犬にしては珍しい要素を持っています。そのため比較的飼いやすいところも人気の秘密です。

明るいですが、精神的に安定しているので、めったなことでは怒りません。子供好きでもありますので、小さなお子さんがいる家庭でも飼いやすいでしょう。

社交的がゆえに、知らない人に対する警戒心が薄く、番犬にはあまり向いていません。

平均身長・体重

  • ・身長 51~61cm
  • ・体重 25~34kg

大型犬とされるだけあって、結構な大きさです。飼うには、それなりの規模のお家が必要と言えるでしょう。

ゴールデンレトリバーの種類

ゴールデンレトリバーは、「アメリカン」と「イングリッシュ」の2種類とされ、各自で見た目が微妙に異なります。

また、「ゴールデン」という名がついていますが、実は被毛カラーにも種類があるので併せてご紹介します。

アメリカン

アメリカンゴールデンレトリバー

アメリカンタイプのゴールデンレトリバーは、鼻の色が茶色っぽい子が多いです。体はやや細身のモデル体型で、顔立ちもマズルが長めの整った印象のイケメン・美女タイプと言えるでしょう。

被毛がゴールドでも茶色っぽかったり、黄味が強かったりとバリエーションが豊富です。性格はとても明るく好奇心旺盛な子が多いようです。

作業的な仕事に向いているため、盲導犬や聴導犬などで活躍しています。

イングリッシュ

イングリッシュゴールデンレトリバー

イングリッシュタイプは、アメリカンタイプと比べて体形がややズングリとしていて、ノズルも短いので、とても愛嬌のあるタイプと言えます。

被毛のカラーはやや白っぽい傾向があり、光に当たるととても美しいです。それと、短く少しウェーブのかかったヘアスタイルが、アメリカンタイプとの一番の違いでしょう。

レトリーブ(回収)が得意なので、水難救助犬として活躍しています。

被毛カラー

ゴールデンレトリバーの最大の魅力ともいえる美しい被毛、基本カラーはゴールドですがその中にもバリエーションがあります。

例えば、ブラウンに近い色味だったり、ベージュに近い色味だったりと同じゴールドでも濃淡の違いで見た目の印象は全く変わり、それぞれに魅力があるため甲乙つけがたいです。

そして、イングリッシュタイプの中にはほとんどホワイトとも言っても良いくらいの色味を持つタイプもいて、非常に希少価値が高いとです。

ゴールデンレトリバーの飼い方

ご飯を食べるゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバーは大型犬の中では飼いやすい犬種ですが、それでも小型犬と同じように飼えるわけではありません。

例えば散歩に関しては、大型犬で運動量が多いゴールデンレトリバーの場合、1日1回では足りません。最低でも30~40分の散歩を2回はする必要があります。

その他にもゴールデンレトリバーの飼育において、特に大事な3点を以下にまとめましたので参考にしてください。

被毛ケア

ゴールデンレトリバーはダブルコートタイプの被毛で、長い毛と短い毛の2種類の被毛を持っています。春から夏にかけての換毛期で被毛はごっそりと抜け落ちます。

そういったタイプの犬種は、とりわけ毛が抜けやすく、絡まったり毛玉を作ったりしやすいです。そのため、ゴールデンレトリバーにおいてはブラッシングは「毎日必ずおこなう」ことが大事です。

ダブルコートは被毛が一定以上は伸びないので、意外とトリミングの頻度は多くないです。しかし、長く伸ばしている場合は足の裏や耳周りのカットを定期的にしておくと怪我や病気の予防になります。

暑さ・湿気対策

ゴールデンレトリバーはその被毛により、寒さに対しては相当強いですが、その反面暑さにはとても弱いです。

飼育環境の温度は25度を上回らないように注意しましょう。また、湿気も苦手としますので湿度50%以下を保つことも重要です。

食べ過ぎに注意

ゴールデンレトリバーは非常に食欲が旺盛です。よく食べてくれるのは決して悪いことではありませんが、肥満は避けるべきでしょう。

特にゴールデンレトリバーは活発なので、重い体で動き回ってしまっては、骨折や脱臼などの怪我に繋がりやすいです。

まとめ

ゴールデンレトリバーは大型犬ですが、性格はむしろ小型犬に近く、ファミリーの一員になってくれやすい友好的な犬種です。

小型犬が主流の世の中ですが、もしも広めのお家に住んでいて、アクティブに愛犬と遊びたいのであればゴールデンレトリバーは最適と言えるでしょう。

もくじ

アイウエオ順で探す