子犬・子猫とのライフステージを全面的にサポートするお店です。

犬図鑑

ボーダー・コリーの特徴や性格について紹介します!

ボーダー・コリーの特徴・性格分析

ボーダー・コリーの特徴はなんといっても賢く知的好奇心が旺盛で、ドッグスポーツ競技で活躍できる高い運動能力を持っているところです。なんとたったの一頭で数百の羊の群れを追いこむことができるんですよ。そのためご自身も体を動かすことが好きでドッグスポーツを一緒に楽しみたい方にはぴったりの犬種。また自ら状況判断して行動できるので、家庭犬としてもとても素敵な家族となってくれます。中型犬のため手がかかりそうと思われがちですが、実際に一緒に生活してみるとその飼いやすさに驚くはずです。

ボーダー・コリーの種類

様子をうかがうボーダーコリー
美しい被毛を左右に揺らしながら目標物を追いかけるイメージの強いボーダー・コリーですが、実は被毛には2種類あります。普段よく見かけるラフコート(長毛)と、全体的に短いスムースコート(短毛)です。性格にも少し違いがあり、ラフコートはイメージ通りの人懐っこさですが、スムースコートはそれに比べ少しきつい性格をしています。ですが運動能力も高く、競技向きなのはスムースコートと言われてるんですよ。短毛だと一層聡明さが際立ちますが、ラフコートの愛嬌のある見た目、どちらも魅力的です。

ボーダー・コリーの毛色・見た目

ボーダー・コリーは背よりも胴の方が長く、とてもバランスのとれた体格をしています。流れるように駆け回る姿は力強くも優雅で、見ていて惚れ惚れするほど。毛色は実は30種類以上も認められているようですが、一般的にはホワイトと他の色(ブラック・ブルー・ブラウン・レッド)のバイカラ―が主流で、中には珍しいトライカラーもいるようです。柄も豊富なので、カラーと合わせると本当に見た目が様々、ぜひあなたのお気に入りを探してみてください。

ボーダー・コリーの値段・価格相場

舌を出すボーダーコリー
牧羊犬として有名なボーダー・コリーの価格は15~45万円程。この価格の差は大きく柄・毛色によって左右されます。一般的にボーダー・コリーは柄が目元に左右対称に入り首回りが白いものをイメージされると思いますが、実はこのようにキレイに柄が入っているもの程価格は高くなります。というのも基本的にはきれいに柄が入っていない個体の方が多いためです。カラーも一般的なブラック&ホワイトより優しい色味のブラウンや明るい茶のレッド&ホワイトの方が希少で高値がつきやすく、柄の入り方と相まって一層高くなる場合もあります。

ボーダー・コリーのしつけ方法

数ある犬種の中でも最も賢いと言われるほどの頭脳を持つので、この賢さが裏目に出ないようにすることがしつけのポイントと言えるでしょう。メリハリをつけ、上下関係をしっかりと構築できれば持ち前の判断力で頼りがいのある家族となってくれます。注意しなければいけない点としては、意欲が高く常に役に立ちたい気持ちがあるので、逆に自由であったり指示がなかったりするとストレスが溜まってしまうこと。毎日決まってできる仕事を与えるなど、工夫してあげてくださいね。

ボーダー・コリーのお散歩と運動

広大な牧場を瞬時の判断をしながら駆け回る牧羊犬として活躍していることからもわかるように、ボーダー・コリーは非常にエネルギッシュで持久力のある犬種。想像以上の運動量が必要とされます。1日1時間程度の散歩は最低限で、他にドッグランに連れて行ったり、メリハリのある運動を追加してあげましょう。特に動いているものを追いかけることに長けた犬種ですので、ボールやフリスビーはぴったりです。飼い主と一緒になにかをすることで、一層お互いの絆を深めることもできます。

もくじ

アイウエオ順で探す

子犬を探したい方はこちら