エアデール・テリア図鑑

エアデール・テリアの事をもっと良く知りましょう。

  1. ペットショップ 犬の家&猫の里
  2. 犬図鑑
  3. エアデール・テリア について

エアデール・テリアについて、もっと知りましょう

エアデール・テリアの特徴・性格分析

「他の犬種にできて、エアデール・テリアにできないことはない」と言われるほどの有能な犬種です。盲導犬、雪山遭難や災害救助犬、警察犬、狩猟犬、何でもこなしてしまいます。イノシシ猟に使えるほどの豪胆さを持ちながら、老人ホームなどでは実に優しいセラピードッグになります。家庭に入れば、主人には大変忠実で、子どもにはとても優しく、守ってくれる頼りになる犬種です。賢く、感情の機微に細やかな、人間味あふれる犬種です。頑固なテリア種には珍しく、さっぱりしたつきあいやすい性格も持っています。

エアデール・テリアの種類

イギリス・ヨークシャーにあるエアデール渓谷が発祥の地。カワウソ、ネズミ、イタチなど害獣退治に長け、水禽猟もできる猟犬を求めて、オッターハウンドと気性の烈しいテリア種を交配した、と言われています。多くの犬種と交配を重ねてきた祖先の血にはコリーも入っています。一貫した選択繁殖をした結果、賢く頑健な多芸多才な犬種となりました。両世界大戦時は救援物資の輸送、伝令など使役犬として働き、「ウォードッグ」と呼ばれました。ドイツでは公認使役犬として、警備の仕事に携わる公務犬です。

エアデール・テリアの毛色・見た目

体高55cm~61cm,体重21~27kgと、テリア種の中では最も背が高く、堂々とした風格のあるエアデール・テリア。側面から見ると、体の形が正方形に見えます。筋肉質で、色の濃い小さめの眼と、折れ曲がったボタン耳を持っています。尾は断尾することも。毛質は粗く針金状のダブルコートで、毛色はタンの地に、首筋から尻尾の上面にサドルのような模様の、黒またはグリズル色の濃い色が入ってます。生まれたての子犬はブラック1色ですが、成長とともにツートンカラーになっていきます。抜け毛は少ないのですが、伸びるので定期的なトリミングが必要になります。耳の位置に矯正を入れることもあります。

エアデール・テリアの値段・価格相場

威風堂々、テリアの王様と言われるエアデール・テリアの購入価格は15~20万円。根強いファンのいる犬種ですが、飼育頭数自体は多くなく、ペットショップにはほとんどおかれることがありませんので、ブリーダーから購入することになります。ブリーダーは多くありませんが、国内でも繁殖しておりますので、信頼のおけるブリーダーを探してみましょう。海外のブリーダーより輸入することもできますが、煩雑な輸入手続きやコストもかかりますし、送られてきた犬が違う犬だったり、疾患が見つかった場合の保証の有無など、リスクもありますので、慎重に考える必要があります。

エアデール・テリアのしつけ方法

エアデール・テリアほど完璧にしつけをマスターできる犬はいない、と言われています。しかし、有能な犬ほど、犬とコンタクトすることが必要になります。自分で考えるエアデール・テリアには、上から抑えつけるよりも、理解させ納得させることが大切です。幼い子犬の頃から、他人や犬、ほかの動物に慣れさせ、しつけをして、家庭での位置を理解させましょう。「スワレ」「フセ」「マテ」など基本的な服従訓練ができていれば、体が大きく力が強くても、コントロールすることが容易になります。何でもできる犬なので、活動の機会をたくさん与えて、この犬本来の特性を生かしてあげてくださいね。

エアデール・テリアのお散歩と運動

元来エネルギッシュな猟犬ですので、散歩なら日に2回1時間以上と、かなりの運動量が必要になります。歩くだけでは運動不足です。持っているエネルギーを消費できず、ストレスが溜まってしまうことも。体を動かすことが大好きなので、ボールやフリスビーで遊ばせたり、ドッグランや広い場所で力いっぱい、思いきり走らせてあげてくださいね。カワウソ猟をしていたことから、水泳は得意なので、機会を見つけて水辺で泳がせてあげるといいですね。散歩の時に、小動物などを見つけると、猟犬の血が騒ぐこともあるようですので注意が必要です。

可愛いエアデール・テリアを飼いたい方はこちら

記事一覧に戻る

スタッフブログ

スタッフブログ一覧を見る

コラム・豆知識