豆柴図鑑

豆柴の事をもっと良く知りましょう。

  1. ペットショップ 犬の家&猫の里
  2. 犬図鑑
  3. 豆柴について
  4. 豆柴の性格や特徴からしつけのコツや飼い方を紹介します!

豆柴の性格や特徴からしつけのコツや飼い方を紹介します!

LINEで送る
Pocket

コロコロとしたフォルムにつぶらなひとみ、くるっと巻いた短めな尻尾がなんとも愛らしい豆柴。
ペットとしての人気が非常に高い豆柴にはどんな特徴があるのでしょうか。しつけのコツや飼い方などもあわせてご紹介します。

特徴

大きさ

豆柴という犬種は実は存在しません。豆柴は小さいサイズの柴犬のことを指します。そのため、見た目は柴犬と大きく変わらないのですが、成犬になったときの大きさが異なります。
柴犬のオスは体高38~41㎝、体重8~11㎏。メスは体高35~38㎝、体重6.8~9㎏が平均ですが、豆柴の場合はオスが体高30~34㎝、メスが体高28~32㎝ほどになります。

そのため子供やお年寄りの方でも飼いやすく、またきれい好きで主人に忠実、体も丈夫なので、室内飼いにぴったりです。

見た目は柴犬の小さいものなのでそのまま縮小したような感じですが、顔つきはやはり小さい分柴犬の凛々しさは少し後退し、かわいらしさが目立つようになっています。

また、豆柴よりもさらに小さい小豆柴というものもいます。小豆柴の大きさは体高21~24㎝、体重2~3㎏ほど。屋内で飼うことを考え、なるべく成犬になっても小さな姿でいてほしい、という方には豆柴もしくは小豆柴がおすすめです。

被毛のタイプ・被毛の色

豆柴の被毛は「ダブルコート」と呼ばれ、外側は固い毛、内側は柔らかい毛というふうに2層構造になっています。

被毛の色は、柴犬同様「赤・白・黒・胡麻」の4種類です。

豆柴の被毛の色としてはもっともポピュラーな色です。出生数が一番多いことから、4つの色の中でも価格は比較的低い傾向にあります。

豆柴には真っ白なものもいます。被毛全部が白いもの、体の一部に赤など他の色が入っているものなどがいます。

黒は出生数があまり多くなく、貴重なこともあり、人気の毛色となっています。

胡麻

胡麻色というのは、赤・白・黒が程よく混ざった色のことです。その中でも赤みが強いものは赤胡麻、黒みが強いものは黒胡麻と呼ばれます。

性格

豆柴の性格は、柴犬とほぼ同じです。柴犬は日本犬の中でも特に従順で、飼い主に対しとても献身的です。べたべたと甘えるようなタイプではないため、適度な距離を保ちつつ、生活を共にすることができます。
柴犬がもともと狩猟犬として活躍してきたこともあり、警戒心が強く、さらに頑固な一面もあります。

強いて言えば通常のサイズの柴犬よりも体が小さい分、甘えん坊さんですよ。番犬としても根強く活躍している柴犬が室内で飼えるなんて、なんとも頼もしいですよね。

豆柴の値段・価格相場


ころころふわふわで、まるで動く人形のような豆柴の価格は30~45万円が相場。実は豆柴という犬種はなくただ小さい柴犬のことを言うので、実際は柴犬に分類されます。そのため通常の柴犬に比べると小さくて希少価値が高いことから、15万円前後高い値段がつく傾向にあります。価格は骨格や目の位置・鼻の長さなど身体的特徴によって多少前後されますが、毛色では赤はスタンダードで平均的、白は価格差が大きく出産予定が立ちにくいので珍しく、黒や胡麻は高くなる傾向にあります。

飼い方


豆柴は屋内でも屋外でも飼育することが可能ですが、成犬になってもそこまで大きくならないことから、屋内で飼育する方のほうが多いようです。

室内で飼う場合、抜け毛の有無が気になりますが、豆柴は毛が抜けやすい犬になります。
そのため、スリッカーやコームなどを使用し、抜け毛・毛玉を日々丁寧に除去してあげるようにしましょう。
なお、豆柴は毛が短く、カットする必要がないので、ペットサロンでのトリミングは基本的に行いません。

お散歩と運動

体は小さい豆柴ですが、柴犬の特徴をしっかり受け継いでいるので、持久力が高い傾向にあります。
同じくらいの大きさの小型犬と比べると、運動量が多いので、1日2回(それぞれ30分以上)の散歩を毎日しっかり行うことが求められます。
運動が大好きなので、飼い主と外に出るのをとても楽しみにしています。他の小型犬と同じように、室内だけの遊びで終わらすなどしないように注意してくださいね。また外に出ることで社会性を身に付け、ストレス発散にも繋がります。大切な家族の健康のため、お互いのスキンシップのためにも、しっかりお散歩の時間はとって一緒に出掛けてあげてください。

しつけのポイント

主従関係及び信頼関係をしつかり築く


豆柴は学習能力が高いので、しつけはしやすいです。従順な性格とはいうものの、しっかりと主従関係を築き、自分が主人であることをしっかりと認識させなければ、わがままで頑固な子に育ってしまう可能性があります。

叱るよりも褒めることに重点を置く

しつけにおいて重要なことは「褒めてのばすこと」です。訓練は楽しいものと思ってもらえるよう、命令に従ったらたくさん褒めてあげるようにしてください。
思い通りにいかないからといって叱ってばかりいると、犬のモチベーションはグッと下がってしまいます。
人間と同じく、最初から何でも完璧にこなせる犬なんていませんから、根気強くしつけをすることが重要です。

しつけにかける時間は短く

豆柴は集中力の高い犬ではありますが、子犬のときの訓練は2、3分、長くても5分以内と集中力が持続できる時間内で行うことを心がけましょう。1日2、3回を目安に訓練を行ってみて、まだまだ意欲があるようであれば、訓練の回数を増やしても良いです。

要求吠えには毅然とした態度で

警戒心が強く、頑固な豆柴は無駄吠えをしやすいという面があります。中でもエサがほしい、今すぐ散歩に行きたいといった自分の要求を叶えてもらうために吠え続けることがあります。こうした要求吠えに対しては毅然とした態度を取り、吠えることをやめるまで無視し続けます。これを繰り返すことで、吠えても要求を聞いてもらえるわけではないということを学習させましょう。

まとめ

豆柴は柴犬の小さいサイズであり、確立した犬種ではありません。

そのため、柴犬のように飼い主に従順でかつ献身的な性格の持ち主です。
成犬になってもそこまで大きくならないことから、屋内で犬を飼いたい方にもおすすめと言えます。

ただし、体は小さくても運動量は柴犬と同じく多いので、散歩は毎日しっかりと行う必要があります。

LINEで送る
Pocket

豆柴の子犬一覧はこちら

記事一覧に戻る

ワンちゃんを探す

ハーフ犬

雑種とは違い、犬種の違う純血種の掛け合わせで生まれたワンちゃんです。遺伝子の良いとこ取りをしており、生命力が強く、病気になりにくいことや、優れた才能を持っているワンちゃんも多いことが特徴です。

小型犬

小型のワンちゃんは身体が小さいので扱いやすく、散歩も少なくて済むため、ペットをはじめて飼われる方に非常に人気です。臭いや、毛抜けも少なく、無駄吠えが少ない温厚な性格であることも特徴です。

中型犬

小型のワンちゃんに比べ、怖がりな子も少なく、バランスのとれたワンちゃんが多いです。中型のワンちゃんの魅力は、かわいらしさと体力を兼ねそろえており、飼い主に対する服従心が強いのが特徴です。

大型犬

おだやかで優しい性格のワンちゃんが多いです。正しいしつけをして育てれば、大型のワンちゃんの魅力は格別です。抱きしめた時のあたたかい感じは小型のワンちゃんでは味わえない魅力です。

アイウエオ順で探す

ア行の犬

カ行の犬

サ行の犬

タ行の犬

ハ行の犬

マ行の犬

ヤ行の犬

ラ行の犬

スタッフブログ

スタッフブログ一覧を見る

コラム・豆知識