ウィペット図鑑

ウィペットの事をもっと良く知りましょう。

  1. ペットショップ 犬の家&猫の里
  2. 犬図鑑
  3. ウィペット について

ウィペットについて、もっと知りましょう

ウィペットの特徴・性格分析

穏やかで優しい落ち着いた家庭犬です。ひとなつこく愛情深く、とても甘えん坊で飼い主さんにべったりと寄り添ってカウチでくつろぐことが大好きです。ですので、いつも飼い主さんといられる室内飼いに向いています。細やかな神経を持っていますが、順応性も高く、神経質というわけではありません。ただし、どの犬種にも言えることですが、子犬のうちはハイパーでやんちゃです。部屋の中を飛び跳ね、走り回ります。1メートルほどの高さの柵なら軽く飛び越えてしまうくらいのジャンプ力がありますので、庭で遊ばせる時は塀や垣根の高さには十分注意してくださいね。

ウィペットの種類

18世紀にイギリスで作出されました。当時ウサギなどに畑を荒らされて困っていた農夫たちは害獣駆除のため、お金を出し合って貴族から小柄なグレーハウンドを購入しました。俊足のグレーハウンドに数種の勇敢なテリアをかけ合わせて作られたのが、ウィペットです。ウサギを噛み殺し数を争うゲームに使われた時は噛みつく犬という意味の、「スナップドッグ」と呼ばれていたそうです。やがて、ドッグレースに使われるようになると、「貧しい人の競走馬」とも呼ばれました。一般の家庭でも飼われていたということです。レースで勝てるような俊足のウィペットを持つことは、家族にとって誇りであり、生活の糧でもありました。ウィペットの名前の由来は、ギュッと耳を寝かせて走る姿が、鞭(ウィップ)に打たれて走る競走馬に似ていることからだそうです。流れるような美しいボディラインを持つウィペットは、今ではショー・ドッグとして活躍するようになり、レースで走ることはほとんどないようです。

ウィペットの毛色・見た目

まるで走るために生まれたようなウィペット。ボディラインはしなかやな流線型、光沢の滑らかな短毛が薄く肌をおおっています。こじんまりとした顔に、楕円形の澄んだ眼とボタン型の耳、穏やかな表情、とても落ち着いたたたずまいですが、ひとたび走り出せば、時速65キロの俊敏なハンターに変身します。前肢は長くてまっすぐで、後肢は筋肉が良く発達しています。毛色は主にグレー、タン、フォーン、ブリンドル&ホワイト、と豊かなバリエーションがあります。

ウィペットの値段・価格相場

均整のとれたスレンダーな体つきに、上品な雰囲気を持つウィペットの購入価格は15~30万円です。人気犬種ですが、ウィペットがペットショップの店先で並ぶのはあまりないので、ブリーダーより購入することが多いようです。ウィペットはよくドッグランなどで楽しそうに走っているのを見かけます。購入する前に、ドッグランに足を運び、飼い主さんにウィペットの行動のくせや、ブリーダーの情報を教えてもらいましょう。そして、信頼のおけるブリーダーを見つけて、心身ともに健全なウィペットを手に入れてくださいね。

ウィペットのしつけ方法

ウィペットは優れた視覚で狩りをするサイトハウンドです。狩猟犬の血が流れているため、動くものに敏感に反応します。向こうの方で動くものを見つけると突然追いかけ始めることもありますので、散歩の時は油断しないでくださいね。ウィペットは人の態度に敏感な犬ですので、、しつけの際は頭越しにどなったり、イライラしたりせず、穏やかな態度で教えてあげてくださいね。短毛なので、汚れたら濡れタオルでふくだけと、お手入れは簡単です。

ウィペットのお散歩と運動

運動神経抜群のウィペットは、毎日の運動が必要です。短距離ランナーなので、それほど長距離を引き運動する必要はありません。ボール遊びや、飼い主さん走ったり、犬同士のかけっこが大好きなので、ドッグランや広い場所でいっしょに走らせてあげると喜びます。全身がバネのようなウィペットの見事な走りは、それはもう見ごたえがあります。ぜひ、ウィペットに思い切り力いっぱい走るチャンスを作ってあげてくださいね。寒さには弱いので、冬の散歩を服を着せるなど、寒さ対策が必要です。

可愛いウィペットを飼いたい方はこちら

記事一覧に戻る

スタッフブログ

スタッフブログ一覧を見る

コラム・豆知識