子犬・子猫とのライフステージを全面的にサポートするお店です。

お問い合わせ

犬図鑑

ジャック・ラッセル・テリアの毛色や毛質は?毛の知識とお手入れ方法を紹介!

昔から人々の間で親しまれてきたジャック・ラッセル・テリアは、長い歴史を持つ人気の犬です。現在では、国内でもペットとして飼う人はたくさんいます。毛の質や毛色の種類が豊富な点が魅力のひとつとなっているようです。

しかし、抜け毛が多い点に悩まされている飼い主も多いとか…。ジャック・ラッセル・テリアを飼う際には、毛について知識をしっかり備えておく必要があります。それでは、どのような毛のタイプが存在するのでしょうか?毛に関する基礎知識や抜け毛対策についてご紹介します!

どんな毛色が存在するの?

ジャック・ラッセル・テリアは、古い時代に狩猟犬として人々と生活を共にしていた歴史があります。その過程で色々な交配が行われたことから、いくつかの毛色の種類が存在しています。

まず、よく出回っているのが白を基調とした毛色に明るい茶色(タン)の模様が混ざっているタイプです。基本的には、耳と目の周りを覆うようにして茶色の模様が入っています。

次に多いのが、白をベースに黒色の模様が入ったタイプです。こちらも茶色のタイプと同様、耳と目の周りを囲うようにして黒色が入っています。ただ、多くの場合は白と黒だけではなく、成長するにつれて茶色も交じってきます。このようにして、白・黒・茶色の3種類の毛色が混じったタイプを「トライ」と呼びます。

中には、全身を白色でまとった単色のジャック・ラッセル・テリアも存在します。こうした単色の種類を除けば、それぞれ毛の模様の付き方や毛色の濃さに様々な違いが見られるのが特徴です。

毛の長さや質の違いは?

見上げるジャックラッセルテリア

毛が特徴的なジャック・ラッセル・テリアは、毛色の違いだけが特殊なわけではありません。毛の生え方にも3種類のタイプが存在します。

最も短いとされる「スムースコート」は、1cmに満たないような短毛が特徴です。短いながらも、スベスベとした滑らかな感触があります。長いタイプに比べて、全体的に見た目がすっきりしています。

毛の長い「ラフコート」は、3cmを超えるような体毛で満たされています。名前の通り粗雑に生えている特徴があるため、均一に生え揃っているスムースコートとは全く違う見た目となっています。特に顔周りにその特徴が表れており、長い時にはヒゲを生やしたようなユニークな見た目が印象的です。

そして、短い毛と長い毛がどちらも別々に生えているタイプを「ブロークンコート」と呼びます。パッと見では分かりづらいですが、体の一部分だけ長さが違う箇所がある等、個性的な違いが見受けられるタイプです。成長の過程でこのタイプに変化することもあります。

スムースコートは抜け毛が多い!対策は?

ジャック・ラッセル・テリアは数ある犬種の中でも抜け毛が多いとされているため、家の中で飼う際には対策を取っておく必要があります。特に、短毛であるスムースコートは抜け毛が目立つため、ブラッシング等でケアしなくてはなりません。

抜け毛が多いだけでなく、毛の性質的に人が着用する衣服に絡め取られやすいという特徴もあるので、衣類を大切にするためにもケアが不可欠です。屋外で飼う場合でも抱き上げる際などに、毛が大量に付着してしまう恐れがあります。他にも、洗濯物に付着する可能性もあるので注意しましょう。特に、毛が生え変わる時期には大量の抜け毛が出るので掃除機などでしっかりと処理する必要があります。

ブラッシングは毎日、朝と夜に分けて2回行うくらいがベストです。少し大変ですが、愛犬とのふれあいの時間だと思って毎日欠かさず行ってあげてください。毎日しっかりとブラシを使ってケアしてあげることで新しい毛に生え変わりやすくなるため、清潔できれいな見た目の毛並になります。

ブラッシングによってふれあいの時間が増える上に、気持ちの良いマッサージ効果が得られるため、ワンちゃんのストレスを軽減させることにもつながるでしょう。ただし、あまり強い力を入れたり長時間やり過ぎないように注意してくださいね。

ラフコートやブロークンコートの抜け毛は?

伏せるジャックラッセルテリア

スムースコート程ではないものの、ラフコートやブロークンコートの種類でも抜け毛が多いため対策は必須になります。毛が長いため、ブラッシングの際には絡んでしまわないように優しく丁寧に行うのがコツです。繊維の細かいブラシを使うよりも、間の空いた大きめのコームを使用する方が効果的な事もあります。

特に短毛と長毛が入り混じるブロークンコートの場合は、種類の違う2タイプの毛をブラッシングするため難易度が上がります。自分で行うのが難しいと感じた場合には、トリマーの方にお任せしましょう。

毎日のブラッシングで愛情を注ぎながら育てよう!

ジャック・ラッセル・テリアは抜け毛が多く、毎日の手入れが大変な犬種です。毛の性質や手入れ方法についてしっかりと理解した上で飼う必要があります。しかし、毎日手入れを行うことで愛情も深まり、美しい毛並が保たれるものです。自らの手でたっぷり愛情を注いで、きれいでかわいいワンちゃんに育てて行きましょう!

もくじ

アイウエオ順で探す