子犬・子猫とのライフステージを全面的にサポートするお店です。

よく見られている子
こだわり検索

「 ブリティッシュ・ロングヘア 」 の一覧

【種別】ネコちゃん

1件中 1~1件を表示

表示順

No.149784男の子ブリティッシュ・ロングヘア

new 動画
ブリティッシュ・ロングヘア男の子の写真
価格
275,000(税込)
お問い合わせ番号Inquiry number
149784
誕生日birthday
2022/11/20生まれ
毛色coat color
ブルー
価格price
275,000円 (税込)
店舗情報shop
マークイズ静岡店

スタッフのコメント

久々のブリちゃんのロング
もっちりしたボディーが特徴
甘えんぼ上手な女の子です(*^-^*)
両親の遺伝子検査情報✨
→両親PKD・PKクリア

Instagram↓DMでもお問合せ受付中!
https://instagram.com/inunoie_m_shizuoka?igshid=1fzmtvc4bby67

映像更新日:1月20日更新

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
☛ペットローンもご用意いたしております⋆
(最大60回まで金利手数料無料!※条件有)
☛わんちゃん・ねこちゃんの健康状態については
お電話or問い合わせフォームよりお問合せください。
☛その他不明点等お気軽にお問い合わせください
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1件中 1~1件を表示

よく見られている子

1番見られている子の画像

ブリティッシュ・ロングヘアの特徴

種名
ブリティッシュ・ロングヘア
特徴
ふかふかのコートがとても暖か。寒冷な英国の地で自然に培った特徴です。たくましく働き者のハンター気質があります。
原産国
イギリス
成長時の大きさ
体重:4.5~5.5kg 体高:40~50cm
掛かりやすい病気
慢性腎不全、膀胱炎、猫風邪

ブリティッシュロングヘアの性格や特徴について紹介します

2020.08.13 2020.08.13
ブリティッシュロングヘア

ブリティッシュロングヘアの歴史

ブリティッシュロングヘアは、ブリティッシュショートヘアから派生した猫種です。ブリティッシュショートヘアは二度絶滅の危機に陥っており、なんとか存続させるために、体型や顔立ちが似ているペルシャとの交配が進められました。これにより、ときどき長毛の子猫が生まれることがありました。最初はまったく注目されませんでしたが、古いペルシャやアンゴラに近い特徴を持っていたことからじょじょに人気が高まり、新たな猫種として確立する動きが始まったのです。その結果、アメリカの猫血統登録団体(TICA)にブリティッシュロングヘアとして認められることとなりました。

特徴

体型、体の大きさ、見た目

豊かな被毛に覆われているのでわかりにくいですが、胸部が広く、筋肉質でがっしりした体型をしています。足や首は短めで太く、全体的に力強い印象を受けます。平均体重は3.5~7kgほどで、オスの場合は8kgを超えることもあります。
顔つきはペルシャに似て目が大きく、鼻が少し低いのが特徴です。

毛色、毛質

長毛のダブルコートなので、被毛は非常にボリューミーです。厚めの被毛は弾力があり、クッションのようなもふもふとした触り心地に魅了される方も多いようです。
毛色はブラック、レッド、ホワイト、フォーン、ブルー、シナモン、チョコレート、ライラックなど実に種類が多く、柄もタビー(縞模様)やポイントなどがあります。

目の色

目の色は金色からカッパーが多いです。

性格

ペルシャの血をひいているので人懐っこいところがあり、飼い主に対しては愛情深く接してくれます。ただ、自立心が強いことから必要以上にかまわれることが好きではありません。飼い主さんの近くで昼寝をするなど程よい距離感を好みますので、無理に抱っこしようとしたり、なでたりすることは控えてあげてください。
非常に落ち着いた、大人な性格をしており、ひとりで過ごすことも好きなので、ちょっとした留守番であれば特に問題なく行うことができます。

ブリティッシュロングヘアの飼い方

飼育環境

子猫のときは活発に動き回ることもあるので、自由に動き回れるようなスペースを確保してあげたり、キャットタワーを設置してあげたりしましょう。ただ、運動神経があまり良くないので、運動スペースからはできる限り危険なものを排除し、キャットタワーも複雑でないものを選んであげるのがおすすめです。

また、ブリティッシュロングヘアのような長毛種は熱がこもりやすいため、寒さには強いですが、暑さには非常に弱いです。熱中症を予防するためにも夏はエアコンの温度を28℃くらいに設定し、湿度が上がりすぎないようドライモードにして室内の環境を整えてあげましょう。エアコンが効きすぎて逆に体調を崩してしまうこともあるので、エアコンをつけない部屋も用意したり、段ボールハウスを設置してあげたりしましょう。

食事

ブリティッシュロングヘアは食欲が旺盛ですが、あまり動かないので油断するとすぐに体重が増える傾向にあります。肥満になると糖尿病などの病気にかかりやすくなるだけでなく、関節にも負担がかかってしまいますので、太り気味にならないようしっかり食事の管理をしてあげてください。フードのパッケージに記載されている給餌量を守るのはもちろんですが、一度にたくさん食べてしまわないよう、数回に分けて与えるなど与え方にも工夫しましょう。

ブリティッシュロングヘアにはぜひ質の良いタンパク質が豊富に含まれているフードを与えてください。タンパク質は筋肉質な体の維持に役立つだけでなく、皮膚や被毛作る原材料でもあるので、ブリティッシュロングヘアの健康をサポートする上で非常に重要なのです。

お手入れ

長毛ではありますが、絡まりにくい毛質をしているので、普段は1日1回軽くブラシやコームを使ってとかしてあげるだけでも良いです。抜け毛の量が非常に多くなる換毛期に突入したら、1日2回ほどブラッシングしてください。抜け毛が多すぎてキリがない…ということであれば、シャンプーで余分な毛を洗い流してしまうのもおすすめですよ。

しつけ

自立心が強く、やや頑固なところもあるので、気が向かないときにしつけを行うとなかなか思うように覚えてくれないことがあります。あまり多くのことは要求せず、トイレの場所や爪とぎの場所など最低限必要なことだけを覚えてもらうようにしましょう。大きくなるにつれてしつけはどんどん難しくなっていくので、子猫のうちからしつけは行ってください。

気をつけたい病気

ブリティッシュロングヘアに遺伝疾患はほぼなく、猫の中でも長生きする傾向にあります。しかし、かかりやすい病気がまったくないわけではありません。たとえば、猫が全般に発症しやすいとされている下部尿路疾患や腎臓疾患には注意が必要です。

ブリティッシュ・ロングヘアの記事一覧

ブリティッシュロングヘア
ブリティッシュロングヘアの性格や特徴について紹介します

もくじ1 ブリティッシュロングヘアの歴史2 特徴2.1 体型、体の大きさ、見た目2.2 毛色、毛質2.3 目の色3 性格4 ブリティッシュロングヘアの飼い方4.1 飼育環境4.2 食事4.3 お手入れ4.4 しつけ5 気をつけたい病気 ブリティッシュロングヘアの歴史 ブリティッシュロングヘアは、ブリティッシュショートヘアから派生した猫種です。ブリティッシュショートヘアは二度絶滅の危機に陥っており…[...続きを読む]