子犬・子猫とのライフステージを全面的にサポートするお店です。

猫図鑑

耳折れのマンチカンは病気?飼うリスクは?

2021.02.26 2021.02.26
耳折れマンチカン

マンチカンは猫の中でも、顔がまるまるして、足が短いという特徴を持っています。

また、立ち耳の印象が強い猫ですが、耳折れのマンチカンもいるようです。

今回は耳折れのマンチカンの病気や買い方についてご紹介していきましょう。

耳折れのマンチカンが存在する?

マンチカンは短足で立ち耳なのが特徴的ですが、なかには耳折れのマンチカンも存在します。

耳折れのマンチカンはマンチカンとスコティッシュフォールドを交配させて生まれるため、雑種として扱われます。

耳折れのマンチカンは非常に可愛らしい見た目をしているため、家族として迎え入れたいと考える方も多いことでしょう。

しかし、耳折れのマンチカンは健康上のリスクが高くなるため、よく検討したうえで迎え入れることが大切です。

耳折れのマンチカンが誕生した理由は?

前述したように、耳折れのマンチカンは、マンチカンとスコティッシュフォールドを交配して誕生しました。

マンチカンは短足の遺伝子をもつことから、掛け合わせによっては死産や奇形、障害をもった子が生まれるリスクが高くなります。

そのため、純血種として登録されるのはマンチカン同士もしくはマンチカンとの雑種と交配した場合のみです。

しかし、マンチカンがTICAに公認されたのは1995年と歴史が浅いため、この取り決めも比較的新しいものです。

このルールが決まる前にマンチカンとスコティッシュフォールドが交配されていたことから、耳折れマンチカンが存在するのです。

耳折れのマンチカンは病気?

耳折れの原因は「骨軟骨異形成症」という遺伝性疾患によるものです。

マンチカンとスコティッシュフォールドを交配することで骨軟骨異形成症の子、つまり耳折れのマンチカンが生まれてきます。

骨軟骨異形成症は耳の軟骨が正常に発達せず、耳がぺたんと折れるのです。

骨軟骨異形成症は耳以外にも、全身の軟骨に発症する可能性があり、軟骨がコブのようになってしまいます。

耳折れのマンチカンは少ない?

マンチカンとスコティッシュフォールドの交配は健康上のリスクが高くなるため、推奨されていません。

また、マンチカンと認められるのは、マンチカン同士もしくはマンチカンとの雑種と交配によって誕生した子のみですので、耳折れマンチカンの数は少なく、希少な存在とされています。

今後も交配するブリーダーがいる限り耳折れのマンチカンがいなくなることはありませんが、健康上の問題が指摘されていることから急激に数が増えることは考えにくいです。

耳折れのマンチカンを飼うには?

耳折れのマンチカンは市場に出ることが少ないため、ペットショップでお目にかかることは少ないでしょう。

そのため耳折れのマンチカンはブリーダーさんから買ったり、里親として引き取るのが現実的です。

耳折れのマンチカンは希少性が高いため、通常のマンチカンよりも高値になる傾向があります。

耳折れのマンチカンは健康に問題のある子が多いので、購入する際には両親の病歴や遺伝性疾患などについてよく確認しておきましょう。

耳折れマンチカンを飼うリスク

垂れ耳マンチカンは内蔵や骨に異常をもって生まれてくる子が多いため、「可愛いから」という理由だけでなく、最後まで責任をもって飼う覚悟が必要です。

例えば耳折れマンチカンの「骨軟骨異形成症」が全身に発症したら上手く歩けなくなることもあります。

他にも、スコティッシュフォールドがかかりやすい「肥大型心筋症」やマンチカンがかかりやすい「椎間板ヘルニア」にかかるリスクもあります。

飼い主さんは健康管理を徹底し、可愛い耳折れマンチカンが生涯元気に過ごせるようにしなければなりません。

こんな子たちがいます

この記事の監修者

犬の家&猫の里 編集部

犬の家&猫の里は、ワンちゃんネコちゃん専門のペットショップです。
動物病院やトリミング施設を併設した店舗、ペットホテルの運営など、
飼い主さまと大切なペットを末永くサポートさせて頂きます。
日々ワンちゃんネコちゃんに対する知識レベル向上に励み、みなさまに
お役立ち情報をお届けします。

会社概要を見る

その他の記事

マンチカン
マンチカンは一人暮らしでも飼える?飼育のポイントと注意点!
マンチカン
「マンチカン立ち」をする理由は?二足で立つ注意点についても解説!
マンチカン
マンチカンの鳴き声は大きい?種類や対策について
マンチカンにも足長の子がいる?
マンチカンにも足長の子がいる?
マンチカンの子猫を探す