子犬・子猫とのライフステージを全面的にサポートするお店です。

こだわり検索

「 ブルー(青系)のアメリカンショートヘア 」 の一覧

【種別】ネコちゃん 【毛色】ブルー(青系)

1件中 1~1件を表示

表示順

No.168845アメリカンショートヘア男の子

価格
209,000(税込)
店舗
そよら東岸和田店(大阪府)
お問い合わせ番号Inquiry number
168845
誕生日birthday
2024/01/20生まれ
毛色coat color
ブルータビー
価格price
264,000円
209,000円(税込)
店舗情報shop
そよら東岸和田店

スタッフのコメント

【性格】
とっても元気いっぱいの男の子です😼💪🏻
おもちゃに興味津々でたくさん遊んでくれます💓


Instagram↓DMでもお問合せ受付中!
https://www.instagram.com/kishiwada_inunoie?igsh=MTA2ZGQxcWN3Z3lmdg%3D%3D&utm_source=qr


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
☛ペットローンもご用意いたしております⋆
(最大60回まで金利手数料無料!※条件有)
☛わんちゃん・ねこちゃんの健康状態については
お電話or問い合わせフォームよりお問合せください。
☛その他不明点等お気軽にお問い合わせください
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1件中 1~1件を表示

アメリカンショートヘアの特徴

種名
アメリカンショートヘア
特徴
ずば抜けて高い運動能力、人なつこい性格と優れた頭脳。大きく丸い目は離れぎみにつき、マズルも短く愛嬌のある表情で飼い主を和ませてくれます。
原産国
アメリカ
成長時の大きさ
体重:3.0~6.0kg 体高:25~30cm
掛かりやすい病気
慢性腎不全、膀胱炎、猫風邪

アメリカンショートヘアの性格や特徴について紹介します

2020.08.05 2024.03.14

アメリカンショートヘアの歴史

アメリカンショートヘアの祖先は、ブリティッシュショートヘアという猫だとされています。ブリティッシュショートヘアはメイフラワー号に乗って、移民とともにアメリカにやってきました。最初は農場などで穀物を荒らすネズミ退治のために飼われていましたが、害虫駆除の手法が発展してくると、猫たちはお役御免となりました。しかし、その見た目の美しさから、愛好家によって品種改良され、現在の姿に至ります。

特徴

体型、体の大きさ

アメリカンショートヘアは「セミコビー」と言われるボディタイプで、肩や腰幅が広く、かなりがっしりとした骨格をしています。中型ではありますが、筋肉がよく発達していて足も太く、全体的に丸みを帯びた体型です。
平均体重は3~6kgほどです。

毛色、毛質

アメリカンショートヘアの毛色は実にバリエーションが豊富です。中でも代表的な毛色がシルバークラシックタビーというベースがシルバーで、黒の縞模様が入ったものです。縞模様が入るタビーにはほかにもブラウンクラシックタビーやレッドタビー、クリームタビーなどがあります。
タビー以外にも、バイカラーやソリッドカラーも存在します。

アメリカンショートヘアという名前の通り毛は短く、比較的硬い毛質をしています。皮膚を外部刺激から守るオーバーコートと体温を保持する役割があるアンダーコートの2種類の毛が生えており、かなり厚い被毛に覆われています。

目の色

目の色はブルー、グリーン、ゴールド、ヘーゼル、オッドアイなどがあります。

性格

アメリカンショートヘアは穏やかでフレンドリーな性格の持ち主なので、赤ちゃんや他のペットがいたとしても飼いやすいと言えます。
ただ、猫らしいクールな側面も持ち合わせており、あまりベタベタされるのは好みません。頻繁にかまってあげる必要はなく、猫のほうから遊びに誘ってきたときに相手をしてあげるくらいで十分です。

もともとネズミ捕りとして活躍していた祖先の影響もあり、運動神経は抜群です。加えて好奇心が旺盛なので、部屋中を駆け回ったり、高いところから飛び降りたりすることもあります。

アメリカンショートヘアの飼い方

飼育環境

アメリカンショートヘアは順応性が高いため、どんな環境でも受け入れてくれる傾向にありますが、ストレスなく、快適に生活させてあげるためには、のびのびと動きまわれるようなスペースを確保しておいてあげることが大切です。先ほども言った通り身体能力が高いので、できればキャットタワーのような上下運動できるものが設置されていることが理想です。もしも難しい場合は家具の配置を工夫して、高いところに登れるようにしてあげても良いです。

食事

アメリカンショートヘアは太りやすい体質なので、肥満に注意しなければいけません。犬と違って散歩の習慣はありませんから、どちらかというと食事の量を調整することで体重を管理しなければいけません。かわいらしい姿でおねだりされると、飼い主としてはついついご飯やおやつなどを与えたくなってしまいますが、肥満は万病のもとなので、適正体重をオーバーしないように心がけましょう。

お手入れ

美しい毛並みを保つためにも、週に2~3回はブラッシングを行ってあげましょう。換毛期に突入したら抜け毛が増えるので、毎日ブラッシングしてあげてください。
被毛はかなり厚いですが、短毛なので、お手入れ自体は非常に楽です。獣毛ブラシやコームを使って毛並みを整えてあげるだけでOKです。被毛の汚れが気になったり、あまりにも抜け毛が多いと感じる場合には、シャンプーをしてあげても良いでしょう。

しつけ

アメリカンショートヘアは賢く、しつけもしやすいので、初めて猫を飼うという方にもおすすめです。
ご飯を食べる場所やトイレの場所などは、お家に迎えたら早めに教えてあげるようにしましょう。

気をつけたい病気

アメリカンショートヘアは遺伝疾患が比較的少なく、丈夫とされていますが、中には注意が必要な病気もありますので、かかりやすい病気にはどのようなものがあるのか、あらかじめ知っておきましょう。
アメリカンショートヘアがかかりやすい病気には以下のものがあります。

  • ・肥大型心筋症
  • ・ワクチン誘発性繊維肉腫
  • ・糖尿病
  • ・急性腎不全

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
アメリカンショートヘアの平均寿命と気をつけたい病気

ブルー(青系)のアメリカンショートヘアの記事一覧

アメリカンショートヘアの毛色の種類とお手入れ方法をご紹介!

可愛らしく上品な容姿と、明るくて親しみやすい性格で大人気のアメリカンショートヘア。アメリカンショートヘアといえば、シルバーに黒のマーブル模様の猫が思い浮かびますよね。しかし、実はとても毛色の種類の豊富な猫種なのです。今回はアメリカンショートヘアの豊富な毛色の種類と気になるお手入れ方法について紹介します。是非、あなたのお気に入りの毛色を見つけてみてください。アメリカンショートヘアの特徴アメリカンシ…[...続きを読む]

アメリカンショートヘアの平均寿命と気をつけたい病気

黒とシルバーのマーブル模様が可愛いアメリカンショートヘア。活発でやんちゃな性格でしつけもしやすいのでとても飼いやすい猫です。大変人気のある猫種なので見たことのある人も多いことでしょう。アメリカンショートヘアを飼ってみたいなと思ったら、平均寿命と気を付けたい病気、長生きさせるためにはどうすればよいのかを把握しておきたいですよね。今回はアメリカンショートヘアの平均寿命と気を付けたい病気から、長生きの…[...続きを読む]

アメリカンショートヘアが頻繁に鳴き声をあげる理由は?原因と対処法

アメリカンショートヘアは一般的におとなしい猫種とされています。鳴き声も控えめなので、集合住宅でも飼いやすいとして人気があります。しかし、中には飼い主さんを悩ませてしまうほど頻繁に鳴き声をあげてしまう子もいるようです。いったい何が原因なのでしょうか。対処法とあわせて解説します。アメリカンショートヘアの鳴き声についてアメリカンショートヘアは賢く温厚な性格をしており、騒がしく鳴くということはあまりあり…[...続きを読む]

アメリカンショートヘアの目の色は何種類?

アメリカンショートヘアと言えば、シルバー系・ブルー系・レッド系・クリーム系・カメオ系・ブラウン系・ブラック系など毛色の種類が豊富なことで有名ですが、目の色に関してもバリエーション豊かな猫種なんです。猫の目の色が異なる理由猫の目の色というのは、虹彩(黒目の大きさを調節する膜)の色によって決まります。そしてその虹彩の色を決めるのが「色素細胞(メラノサイト)の量」です。メラノサイトが少ないほどブルー系…[...続きを読む]