子犬・子猫とのライフステージを全面的にサポートするお店です。

こだわり検索

「 ブラウン(茶系)のサイベリアン 」 の一覧

【種別】ネコちゃん 【毛色】ブラウン(茶系)

1件中 1~1件を表示

表示順

No.169090サイベリアン女の子

動画
サイベリアン女の子の写真
価格
319,000(税込)
店舗
倉敷店(岡山県)
お問い合わせ番号Inquiry number
169090
誕生日birthday
2024/02/02生まれ
毛色coat color
ブラウンパッチドタビー&ホワイト
価格price
319,000(税込)
店舗情報shop
倉敷店
1件中 1~1件を表示

サイベリアンの特徴

種名
サイベリアン
特徴
被毛はもっふもふ。猫種でもダントツのトリプルコートをまとった猫種です。ロシアのシンボル的猫種であり、ロシア大統領などの要人の愛猫でもありました。
原産国
ロシア
成長時の大きさ
体重:6.0~12.0kg 体高:23~25cm
掛かりやすい病気
悪性腫瘍、肥大型心筋症

サイベリアンの性格や特徴について紹介します

2020.08.05 2024.03.14

サイベリアンの歴史

サイベリアンはロシア土着の猫とされていますが、起源についてはいまだはっきりとしたことがわかっていません。
サイベリアンが広く認知されるようになったのは、1871年にイギリスで行われたキャットショーに出展されたのがきっかけだとされています。しかし、この当時のロシアは他国との交易や交流が制限されていたこともあり、長らく入手困難な猫となっていました。
1990年にはアメリカへの輸出も解禁になり、1996年には正式な猫種として登録されました。

特徴

体型、体の大きさ

サイベリアンは「ロング&サブスタンシャル」というボディタイプで、骨太かつたくましい筋肉が備わっています。平均体重は4~9kgほどですが、オスだと10kgを超えることもあり、他のタイプと比べてもかなり大型です。

毛色、毛質

毛色はブラック、ブラウン、ホワイト、レッド、シルバー、クリーム、ブルーなどがあり、模様のパターンもタビー系、バイカラー、キャリコなどさまざまなものがあります。ただ、各国の血統登録団体によって認められているカラーは異なります。

サイベリアンはロシアの厳しい寒さに耐えるため、全身が厚い被毛に覆われています。サイベリアンの被毛は非常に珍しいトリプルコートになっており、皮膚を保護するためのオーバーコートに加え、保温・保湿効果のあるアンダーコート、そしてアンダーコートよりさらに短い毛が密に生えています。毛の密度が高いので、定期的なお手入れが必須です。

目の色

目の色はグリーン、ゴールド、カッパーなどあらゆる色が認められています。

性格

以前はネズミ退治のために飼われていたということもあり、活発で好奇心旺盛です。水を怖がらないので、金魚などを飼っている家庭では、水槽に手を入れてイタズラされてしまうこともあるようです。
ロシアの厳しい環境で暮らしていたこともあってか、温厚で辛抱強い面を持っています。
飼い主や家族に対しては従順で、深い愛情を示してくれる一方、自分が認めていない相手に対しては見向きもしないなどクールな一面もあります。

サイベリアンの飼い方

飼育環境

大型の猫の場合、あまり運動を好まない子も多いですが、サイベリアンは活発でかなり身体能力も高いです。体の大きさからは想像できないような跳躍力と素早さを持っています。このため、飼育の際に気をつけたいのが家の中での事故です。先ほども言った通り、猫では珍しく水に対して恐怖心がないので、好奇心からでお風呂や洗濯機に近づき、誤って水の中に飛び込んでしまうことがあります。入ってほしくない場所、危険な場所にはしっかりと柵などを設置しておきましょう。あまり低いものだと簡単に飛び越えられてしまうので、必ず背の高い柵にしましょう。
室内に余裕があるのであれば、高さがあり、頑丈なキャットタワーを設置してあげると、サイベリアンの運動欲求を満たしてあげることができるのでおすすめです。

食事

大型な分、食べるフードの量も多い傾向にあります。しかし、体質的に太りやすいので、高カロリーなフードには注意してください。また、筋肉量が多いので、体型を維持するためには良質なタンパク質が必須ですので、タンパク質が豊富に含まれているフードを選ぶようにしましょう。

お手入れ

サイベリアンの毛は長毛かつかなり密に生えているので、毎日のブラッシングが欠かせません。特に毛が生え替わる換毛期に突入したら1日数回こまめにブラッシングしてあげましょう。毛が絡みやすいので、まずは目の粗いブラシで毛玉やもつれを解消し、スリッカーブラシでしっかりと根元の抜け毛を除去してあげてください。
抜けた毛が散らばってブラッシングしにくい…ということであれば、ブラッシング用スプレーを活用するのも一つの手です。
被毛が長いと汚れが付着しやすいので、ブラッシングだけではなく、シャンプーも定期的に行ってあげてくださいね。

しつけ

サイベリアンは賢い猫なので、しつけにはそこまで手がかかりません。むしろ丁寧にしつけてあげることで、犬のようにおすわりやお手ができるようになることもあります。

気をつけたい病気

サイベリアンは寒さには耐性がありますが、暑さには非常に弱いです。毛の密度が高く、体温を放出しにくいので、熱中症には十分な注意が必要です。他にも、遺伝的にかかりやすい「肥大型心筋症」や毛色の白い個体に現れやすいとされている「悪性腫瘍」にも注意しなければいけません。

ブラウン(茶系)のサイベリアンの記事一覧

サイベリアンは猫アレルギーになりにくいって本当?

猫を飼ってみたいけれど、猫アレルギーのことが気になって飼うのをためらってしまう人も多いのではないでしょうか?自分や家族が猫アレルギーだった場合はもちろんのこと、友人が猫アレルギーだった場合も、家に遊びに来てもらうことができなくなってしまいます。でも、猫アレルギーでも猫との幸せに満ちた生活を諦めるのは悲しいですよね、そんな人におすすめしたいのが、猫アレルギーになりにくい猫として知られるサイベリアン…[...続きを読む]

サイベリアンの平均寿命と気をつけたい病気

モフモフな被毛に、優しく穏やかな見た目が魅力なサイベリアン。そんなサイベリアンを飼いたいと思っている方が気になることのひとつは、「どれくらい一緒に暮らせるのか」だと思います。果たして、サイベリアンの平均寿命はどれほどなのでしょうか?今回はサイベリアンの平均寿命に加えて、かかりやすい病気と長生きの秘訣をご紹介していきます。サイベリアンの平均寿命サイベリアンの平均寿命は10~15歳と言われています。…[...続きを読む]

サイベリアンの毛色の種類と気になる抜け毛について

大きな体にフワフワの被毛が魅力的なサイベリアン。そんなサイベリアンを飼いたい方は、どれほど抜け毛がでるのか気になるのではないでしょうか?今回は、サイベリアンの被毛の特徴や毛色、抜け毛についてご紹介していきます。抜け毛対策もご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。サイベリアンの被毛の特徴サイベリアンは長毛種で、被毛の構造は非常に珍しい「トリプルコート」となっています。極寒のシベリアで誕生した猫…[...続きを読む]