子犬・子猫とのライフステージを全面的にサポートするお店です。

よく見られている子
こだわり検索

「 日本スピッツ 」 の一覧

【種別】ワンちゃん

1件中 1~1件を表示

表示順

No.149898女の子日本スピッツ

new 動画
日本スピッツ女の子の写真
価格
275,000(税込)
お問い合わせ番号Inquiry number
149898
誕生日birthday
2022/11/27生まれ
毛色coat color
ホワイト
価格price
275,000円 (税込)
店舗情報shop
七宝店

スタッフのコメント

とっってもふわもこな、日本スピッツちゃんが来てくれました!
元気いっぱいでちょっぴりさみしがり屋さんな女の子です( *´艸`)

両親の遺伝子検査情報✨
→両親第7因子欠乏症クリア

Instagram↓DMでもお問合せ受付中!
https://www.instagram.com/inunoie_shippo

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
☛ペットローンもご用意いたしております⋆
(最大60回まで金利手数料無料!※条件有)
☛わんちゃん・ねこちゃんの健康状態については
お電話or問い合わせフォームよりお問合せください。
☛その他不明点等お気軽にお問い合わせください
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

1件中 1~1件を表示

よく見られている子

1番見られている子の画像

日本スピッツの特徴

種名
日本スピッツ
特徴
真っ白な外貌、つぶらな黒い瞳に気品を感じます。明るく利口で子供にもよくなれ、主人にも従順です。もちろん日本の気候・風土にはよく合います。
原産国
日本
成長時の大きさ
体重:6~10kg 体高:28~38cm
掛かりやすい病気
皮膚炎

日本スピッツの性格や特徴は?飼い方やしつけ方について紹介します!

2021.06.07 2021.06.07
日本スピッツの子犬

一時はよく吠える犬としての印象が強い日本スピッツでしたが、近年では穏やかな性格の子が増えてきたことで人気が伸びています。

また、問題行動も少なく非常に飼いやすい犬種です。ただし、やや警戒心が強いところもあるため、飼い主さんとのコミュニケーションも重要になります。

ここでは、そんな日本スピッツの特徴やしつけ、注意したいポイントについて解説します。

日本スピッツの特徴

歴史

日本スピッツのルーツは、シベリア経由で日本に入ってきた白色のジャーマンスピッツ、またはボルピノ・イタリアーノ(イタリアン・スピッツ)を小型改良したというのが有力な説のようです。

サモエドも交配に使われたのではないかと言われていますが、どの段階で使われたのか、そもそも本当に使われたのか、定かではありません。

日本スピッツは、その愛らしい容姿と美しい被毛から高い人気を博し、1950年代には日本で登録されている犬の実に4割を日本スピッツが占めていたと言います。

しかし、このブームに便乗しようとした人によって乱繁殖が行われ、日本スピッツの質はどんどん低下してしまいました。

さらに、犬の性格をよく理解せずに飼育する人が増えてしまったことから、日本スピッツは「吠えてうるさい犬」という評判が広がってしまい、ブームはあっという間に終息。

ただ、ブームの後も、熱心な愛好家によって丁寧に繁殖が行われ、今では吠えにくい、穏やかな個体が増えるようになりました。

大きさ・体重

中型犬としては小柄ですが、足には程よく筋肉がついており、体つきもしっかりしていて非常にバランスの良い体型をしています。

体高 オス:30~38㎝
メス:やや小さめ
体重 オス:9~11kg
メス:7~10kg

被毛・毛の色

光沢があるフワフワとした長い毛は、日本スピッツの魅力の一つです。

前胸としっぽにある豊かな飾り毛からは、どことなく気品を感じます。

毛色は純白のみで、それ以外のカラーは認められていません。

平均寿命

日本スピッツの平均寿命は、12~14歳と言われています。中型犬全体の平均寿命が11~15歳なので、平均的です。

日本スピッツの性格

以前は、よく吠える騒がしい犬と言われてしまうこともありましたが、最近では穏やかな性格の子が増えています。

飼い主さんのことが大好きで、一緒に遊んだり、出かけたりするととても喜びます。ただ、警戒心が強いため、飼い主さん以外には人見知りをしてしまうことがあります。

子犬期の性格は?

活発で明るく、飼い主さんと常に一緒にいたがる甘えん坊な性格をしています。

オスメスでの違い

メスの方が落ちつきがあり、穏やかな性格の子が多いようです。一方、オスはやんちゃで甘えん坊な性格の子が多い傾向にあります。

日本スピッツの飼い方

食事

日本スピッツに与えるドッグフードは、脂肪分が少ないものがおすすめです。

市販のドッグフードには、食いつきをよくするために脂肪分が添加されているものがあります。

こういったドッグフードを食べ続けると、脂質過剰になってしまい、涙やけを引き起こしやすくなってしまいます。

日本スピッツは毛が白く、涙やけになると非常に目立ちますので、購入する際は成分表示をチェックして、脂肪分の摂りすぎにならないよう注意してください。

フードだけでなく、おやつに関しても、脂肪分が多いものは極力避けるか、量を調整するようにしましょう。

運動

体は小さいですが、活発で遊び好きなので、運動量は意外に多いです。

十分に運動させてあげないと、ストレスがたまり、問題行動に発展してしまいますので、毎日しっかり散歩の時間を確保してあげましょう。

1日2回、30分以上が散歩の目安です。できれば散歩だけではなく、広い場所でボール遊びをしたり、ドッグランで思いっきり走らせてあげたりする機会も設けてあげてください。

日本スピッツのしつけ

日本スピッツは、賢く、飼い主に対して従順なので、しつけやトレーニングはそこまで難しくありません。

日本スピッツのしつけにおいて重要なのは、社会化トレーニングです。

日本スピッツは、慣れない場所や落ち着かない環境では神経質になり、攻撃的になってしまうことがあります。

それを防ぐためにも、子犬の頃から積極的に外に連れていき、他の犬や人と触れ合う機会を増やしましょう。こうした経験を積むことで、初めて会う人や犬に向かって必要以上に吠えるといった問題行動を減らすことができます。

日本スピッツの気を付けたい病気

落葉状天疱瘡

日本スピッツは皮膚疾患にかかりやすいのですが、落葉状天疱瘡はそのひとつです。

この病気になると鼻筋やまぶた、耳たぶなどに小さな水疱ができます。まれにかゆみを伴うこともあるようです。

膝蓋骨脱臼

日本スピッツは脱臼が起きやすい犬種で、この膝蓋骨脱臼を発症する確率が高いです。

膝蓋骨脱臼は膝のお皿のような骨が正常な位置から外れてしまう病気で、重症化すると外科的治療が必要になります。

気管虚脱

気管虚脱は、何らかの原因で気管がつぶれたような形になり、呼吸が苦しくなってしまう病気です。

小型犬や短頭種、さらにスピッツ系の犬種は気管虚脱になりやすいと言われています。
関連コンテンツ:日本スピッツの寿命はどのくらい?気を付けたい病気について紹介します

日本スピッツを飼う上での注意点

室内で飼育する

日本スピッツは当初、屋外で飼育されることが多かったようですが、外でひとりぼっちにされてしまうと、ストレスから吠えやすくなってしまいます。

そのため、屋外での飼育は避けてください。また、日本スピッツは毛が多く、暑さに弱いので、室温・湿度が調整できるという点からも室内飼育がおすすめです。

丁寧な繁殖により、昔よりも無駄吠えが少なくなっていますし、小型で広いスペースも必要ないので、比較的室内飼育しやすい犬種ですよ。

脱臼に注意する

気をつけたい病気の部分でも説明しましたが、日本スピッツは脱臼しやすい犬種ですので、特に成長期までは高いところからの飛び降りや過度な運動はさせないようにしましょう。

他にも、滑りやすいフローリングにはラグを敷いたり、登れるような高さのものは極力なくしたりするなど、家の中でも気を配るようにしてあげてください。

日本スピッツのお手入れ方法

ブラッシング

毛が密に生えており、抜け毛も多いので、週に3~4回はブラッシングを行うようにしましょう。

換毛期に突入すると、さらに抜け毛の量が多くなりますので、できれば毎日ブラッシングしてあげるのが理想です。

こまめなブラッシングは毛玉を解消したり、皮膚の通気をよくしたりするだけでなく、部屋の中に散らばってしまう毛の量を減らすことにもつながりますよ。

シャンプー

毛が白く、汚れが目立ちやすいことから、頻繁にシャンプーをしてあげたくなるかもしれませんが、日本スピッツは肌が敏感なので、あまりシャンプーをしすぎると逆に肌荒れを起こしてしまいます。

シャンプーは月に1回を目安に行い、散歩等で汚れが付着した場合には、硬く絞ったタオルで優しく拭いてあげてください。

トリミング

日本スピッツの毛は長めですが、一定の長さまでしか伸びないため、サロンでのカットは必須ではありません。

フォルムを美しく保つためにサロンを利用している方ももちろんいますが、足先や耳の輪郭を整える程度であれば自宅でもお手入れが可能です。

まとめ

かつては「うるさい犬」というレッテルを貼られてしまい、人気が落ちてしまった日本スピッツですが、近年では穏やかな性格の子が増えてきたことから人気が再燃し、飼ってみたいと思っている方が増えているようです。

日本スピッツは、やや警戒心が強いところがありますが、社会化トレーニングをしっかり行い、いつでも飼い主さんとコミュニケーションがとれる室内で飼育してあげれば、問題行動も少なく、非常に飼いやすい犬種ですので、ぜひ家族の一員としてお迎えしてみてはいかがでしょうか。

日本スピッツの記事一覧

日本スピッツ
日本スピッツは抜け毛が多い?抜け毛対策やお手入れ方法を紹介します

純白でフワフワとした毛や美しい飾り毛が魅力的な日本スピッツ。しかし、その美しさを維持するためのお手入れは非常に大変そうですよね。日本スピッツを飼うとなったら、どのようなお手入れが必要になるのか、気になる抜け毛事情もあわせてご紹介します。 もくじ1 日本スピッツの被毛のタイプは?2 日本スピッツは抜け毛が多い?2.1 換毛期2.2 被毛の多さ3 日本スピッツのお手入れ方法3.1 ブラッシング3.2…[...続きを読む]

日本スピッツ
日本スピッツの寿命はどのくらい?気を付けたい病気について紹介します

日本スピッツは、健康管理をしっかり行っていれば長生きも可能な犬種ですが、注意しておきたい病気もいくつかあります。 ここでは、そんな日本スピッツの長生きの秘訣や、日ごろからチェックしておきたいポイントを解説します。 もくじ1 日本スピッツの平均寿命2 日本スピッツの適正体重3 気を付けたい病気3.1 落葉状天疱瘡3.2 膝蓋骨脱臼3.3 気管虚脱4 長生きの秘訣4.1 しっかり運動させる4.2 暑…[...続きを読む]

日本スピッツの子犬
日本スピッツの性格や特徴は?飼い方やしつけ方について紹介します!

一時はよく吠える犬としての印象が強い日本スピッツでしたが、近年では穏やかな性格の子が増えてきたことで人気が伸びています。 また、問題行動も少なく非常に飼いやすい犬種です。ただし、やや警戒心が強いところもあるため、飼い主さんとのコミュニケーションも重要になります。 ここでは、そんな日本スピッツの特徴やしつけ、注意したいポイントについて解説します。 もくじ1 日本スピッツの特徴1.1 歴史1.2 大…[...続きを読む]