子犬・子猫とのライフステージを全面的にサポートするお店です。

犬図鑑

ボーダーコリーは大きいの?性格や歴史などの基本情報から成犬の大きさ、おすすめのゲージサイズまで解説

2024.07.08 2024.07.08

ブラックとホワイトの毛色で知られるボーダーコリーですが、どのくらいの大きさをした犬種かご存知ですか?この記事ではボーダーコリーの大きさに焦点を当てて、成犬のサイズやゲージサイズの目安までお伝えしていきます。

ボーダーコリーの基本情報

ボーダーコリーの基本である歴史と性格について以下で解説します。

歴史

ボーダーコリーの起源は、イギリスのスコットランドとイングランドの国境地帯にあります。数世紀にわたって、この地域の獣医さんや農家の人々は、羊を効率的に管理するために高い知能と体力を持つ犬を育ててきました。その結果、ボーダーコリーが誕生し、その卓越した牧羊能力が広く認知されるようになりました。今日でも、この犬種はその素晴らしい働きぶりで多くの人々から高く評価されています。

性格と特徴

ボーダーコリーは非常に賢く、学習能力が高いことで知られています。この犬種は新しいことを学ぶのが早く、指示に対する反応も鋭いです。また、非常にエネルギッシュで、長時間の運動や活動を必要とします。そのため、エネルギーを発散させるための適切な運動が不可欠です。

家族に対しては非常に愛情深く、忠実ですが、見知らぬ人や他の犬に対しては少し警戒心を持つこともあります。飼い主さんとの強い絆を築くことで、社会性を高めることができます。

ボーダーコリーの成犬の大きさ

成犬ではどのくらいの大きさになるのか、オスとメスの違いについても解説します。

平均的な体重と身長

ボーダーコリーの成犬は、一般に中型犬に分類されます。平均的な体重はオスで約18~23kg、メスでは約16~20kgです。体高は約48〜55cmくらいまで成長することが多いです。この犬種は筋肉質でバランスの取れた体格をしており、適切な栄養と運動でこれらの平均的な数値を維持することができます。

オスとメスの大きさの違い

オスとメスの大きさにはある程度の差があります。

オスはメスに比べてやや大きく、重くなる傾向があります。特に体重と肩までの高さにおいてこの差が見られ、オスは一般にメスよりもやや重く、体格が大きいです。

この違いは成長段階や個体差によっても異なる場合があります。適切な飼育環境とケアを提供することで、それぞれの犬が健康的な体重とサイズを維持することが重要です。

ボーダーコリーのケア

ボーダーコリーの健康を守るために必要なケアについて解説します。

毎日の運動と遊びの重要性

ボーダーコリーは活動的な犬種で、日々の運動が不可欠です。ボーダーコリーのエネルギーを適切に管理するためには、毎日の散歩やランニング、フリスビーやボール遊びなどがおすすめです。これらの活動は、ボーダーコリーの体力を維持し、精神的な刺激を与えるためにも重要です。遊びを通じて知的好奇心も満たされるため、問題行動の予防にもつながります。

食事と栄養管理

ボーダーコリーの食事管理は、健康を保つ上で極めて重要です。高品質のドッグフードを基本とし、年齢、体重、活動レベルに応じて量を調整します。

成長期の幼犬には多くのエネルギーと栄養が必要ですが、成犬になってからは体重管理を意識し、過剰な肥満を避けるためにカロリーの調節が必要です。健康を維持するために、食事は常に新鮮な水とともに提供することが大切です。

定期的な健康チェック

ボーダーコリーの健康を守るためには、定期的な獣医さんの診察が不可欠です。年に一度の健康診断は基本ですが、活動的な犬種のため、半年ごとのチェックをおすすめします。これにより、関節の問題や内臓疾患、皮膚の問題などを早期に発見し、適切な治療を行うことができます。また、ワクチン接種や寄生虫の予防も忘れずに行うことが大切です。獣医さんとの良好な関係を築き、犬の健康状態を常に把握しておくことで、ボーダーコリーが長く健康的な生活を送ることができます。

おすすめのゲージサイズと選び方

ボーダーコリーの部屋とも呼べるゲージはどのくらいの大きさにすべきか、またその注意点についても以下で解説します。

ボーダーコリーに適したゲージサイズとは?

ボーダーコリーに最適なゲージサイズは、立ったり寝転がったり、自由に移動できるスペースがあることです。安全で丈夫な材質を選び、十分な大きさであることを確認しましょう。成犬のサイズに合わせて選び、犬がストレスなく快適に過ごせるようにします。

ゲージ選びのポイントと注意点

ゲージを選ぶ際は、安全性と快適さが最優先です。ゲージの材質は頑丈で、鋭い端がないことを確認し、犬が噛んでも壊れないような耐久性のあるものを選びましょう。また、扉のロック機構がしっかりしていて、犬が自ら開けられないことも重要です。

成長速度も速いため、はじめから大きめのものを購入すると良いでしょう。

ゲージ内での快適な環境作り

ゲージ内の環境を快適にするためには、適切な寝具やクッションを用意することが重要です。厚みのあるマットや布で、床が硬くなりすぎないようにしましょう。また適度な暗さも維持できるようにゲージにカバーをかけることもおすすめです。これにより、犬がリラックスできるプライベートな空間が生まれます。さらにゲージの中には水とおもちゃを常備し、犬が退屈しないようにします。

まとめ

ボーダーコリーは知能が高く活動的な犬種で、適切な運動と食事管理が非常に重要です。成犬の平均体重はオスが18〜23kg、メスが16〜20kg、体高は約48〜55cmほどです。健康維持のために、平均体重と体高、オスとメスの違いについて理解し、定期的な運動と栄養管理を行うこと、また、安全で快適なゲージ環境を提供し、定期的な健康チェックを通じて犬の健康状態を管理しましょう。

この記事の監修者

犬の家&猫の里 編集部

犬の家&猫の里は、ワンちゃんネコちゃん専門のペットショップです。
動物病院やトリミング施設を併設した店舗、ペットホテルの運営など、
飼い主さまと大切なペットを末永くサポートさせて頂きます。
日々ワンちゃんネコちゃんに対する知識レベル向上に励み、みなさまに
お役立ち情報をお届けします。

会社概要を見る

その他の記事

ボーダーコリーを飼うなら室内?屋外?知っておきたい飼い方や育て方の知識
ボーダーコリーの本能、車追いをやめさせるには?
ボーダーコリーの毛色の種類は?茶色やブルーマールなど色・模様について
ボーダーコリーの子犬を探す