子犬・子猫とのライフステージを全面的にサポートするお店です。

こだわり検索

「 ホワイト(白系)の柴犬 」 の一覧

【種別】ワンちゃん 【毛色】ホワイト(白系)

4件中 1~4件を表示

表示順

No.169713柴犬男の子

new
柴犬男の子の写真
価格
297,000(税込)
店舗
小田原店(神奈川県)
お問い合わせ番号Inquiry number
169713
誕生日birthday
2024/02/20生まれ
毛色coat color
価格price
297,000(税込)
店舗情報shop
小田原店

No.169417柴犬男の子

new
柴犬男の子の写真
価格
275,000(税込)
店舗
富山店(富山県)
お問い合わせ番号Inquiry number
169417
誕生日birthday
2024/02/11生まれ
毛色coat color
価格price
275,000(税込)
店舗情報shop
富山店

スタッフのコメント

日本犬の中でとても人気の柴ちゃんです🐶
飼い主さんにはとても忠実で一途な性格で賢い子が多いので飼いやすい犬種でもトップ10にランク入り!
最近では欧米でも人気があります✨

両親の遺伝子検査情報✨
→ 父GM1


Instagram↓DMでもお問合せ受付中!
https://www.instagram.com/petitmaria_toyama



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
☛ペットローンもご用意いたしております⋆
(最大60回まで金利手数料無料!※条件有)
☛わんちゃん・ねこちゃんの健康状態については
お電話or問い合わせフォームよりお問合せください。
☛その他不明点等お気軽にお問い合わせください
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

No.168558柴犬男の子

価格
132,000(税込)
店舗
カナート西神戸店(兵庫県)
お問い合わせ番号Inquiry number
168558
誕生日birthday
2024/01/17生まれ
毛色coat color
価格price
264,000円
132,000円(税込)
店舗情報shop
カナート西神戸店

スタッフのコメント

皆様お待ちかねの柴君が西神戸店に~!!
ちょっぴりマイペースな男の子♪
是非一度会いに来てあげてください(^_-)-☆

No.167436柴犬男の子

価格
55,000(税込)
店舗
相模原店(神奈川県)
お問い合わせ番号Inquiry number
167436
誕生日birthday
2023/12/26生まれ
毛色coat color
価格price
110,000円
55,000円(税込)
店舗情報shop
相模原店

スタッフのコメント

元気で可愛い!
白柴ちゃんが来てくれました(*^_^*)
しっかり体型でもちもちです❤


両親の遺伝子検査情報✨
パパ:GM1遺伝子検査クリア


Instagram↓DMでもお問合せ受付中!
instagram更新中→検索ID「inunoie.sagamihara」orブログまで

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
☛ペットローンもご用意いたしております⋆
(最大60回まで金利手数料無料!※条件有)
☛わんちゃん・ねこちゃんの健康状態については
お電話or問い合わせフォームよりお問合せください。
※メールにてお問い合わせいただいた際、
フィルターやドメイン指定により
ご返信が出来ないお客様が多くいらっしゃいます。
【sagamihara@dognoie.com】からのメールを
受信できるよう設定をお願い致します✉✨
☛その他不明点等お気軽にお問い合わせください
□■□■□■□■□■□■□■□■□■

4件中 1~4件を表示

ホワイト(白系)の柴犬
お客様の声

柴犬
迎え入れる際の不安だった事
ハナちゃんのご家族 (柴犬)
柴犬
迎え入れる際の不安だった事
メリーちゃんのご家族 (柴犬)
柴犬
迎え入れる際の不安だった事
ももちゃんのご家族 (柴犬)
柴犬
迎え入れるまでの経緯
くるまくんのご家族 (柴犬)

柴犬の特徴

種名
柴犬
特徴
柴は日本犬独特の和の雰囲気や素朴さが人気!そして飼い主だけを慕う一途さ、忠誠心の強さが柴の魅力。これぞニッポンの犬!欧米でも人気です。
原産国
日本
成長時の大きさ
体重:8.0~9.0kg 体高:35~41cm
掛かりやすい病気
外耳炎、皮膚炎

柴犬の性格や特徴は?飼い方やしつけ方を解説します!

2018.07.31 2024.03.13

柴犬とは

柴犬は聡明で忠義心に厚く、「相棒」のような関係を築ける犬種です。素朴ながらも愛嬌のある外見に、国内外問わず人気が高まっています。

歴史

柴犬の先祖は縄文時代からウサギや鳥を狩る猟犬として飼われていましたが、ただの道具としてはなく人間のパートナーとして共に歩んでいたとされています。

古くから日本人とともに暮らしてきた柴犬ですが、明治期に海外から洋犬が輸入されるようになり、しだいに柴犬の数が減っていきました。そこで、日本犬を途絶えさせないよう「日本犬保存会」が設立され、1936年には天然記念物に指定されました。

天然記念物に指定されてからは数を増やし、今では国内のみならず海外からの人気も高い犬種となりました。

大きさ・体重

身長

33~41cm

体重

8~10㎏

日本犬保存会では柴犬を小型犬としていますが、全体的な大きさは小型犬よりやや大きめ、中型犬よりも小柄といったところです。柴犬は骨密度が高く筋肉質なので、見た目よりも重い傾向にあります。

毛の色

柴犬の毛色は「赤色」「黒色」「白色」「胡麻色」の4種類です。柴犬は天然記念物に指定されていて他の犬と交配されていないため、毛色の種類は少なめとなっています。

4種類のなかで最も多いのが赤色で、赤色の毛をもつ柴犬は全体の約8割を占めると言われています。反対に赤・白・黒が混合した色味の「胡麻色」は非常に珍しく、独特な存在感を放ちます。

平均寿命

柴犬の平均寿命は15歳前後です。
小型犬の寿命が12~15歳なので、小型犬に分類される柴犬は平均寿命が長い方ですね。
柴犬は屋外での飼育もできるほど体が丈夫で、日本犬のため日本の気候に対応した体質ということもあり、寿命が長いとされています。

柴犬の性格

柴犬は古くから猟犬として活躍してきたことから飼い主さんに従順で、賢く勇敢な性格をしています。基本的には賢く穏やかな性格ですが、猟犬のルーツを持つためか警戒心が強く、しつけを間違えると凶暴になる可能性もあります。飼い主さん以外の人には警戒心が強いため、吠えることもあります。

飼い主さんには愛情深く接してくれますが、もともと屋外飼育されていたので独立心が強く、一人でのんびり過ごすことも多いようです。
また、運動能力が高くて体も丈夫なので、屋外の公園やドッグランなどでは元気に走り回ります。

子犬期の性格は?

子犬のころから柴犬らしい頑固さや、警戒心の強さを備えています。
柴犬は子犬の時期に性格が形成されると言われていますので、生後3~4か月の子犬期からきちんとしつけることが重要です。
子犬期だからといって甘やかすと、言う事を聞かない子になってしまうので、ダメなものはダメと学習させましょう。

柴犬の種類

柴犬と一口に言っても、実は地域によって体型や毛色、しっぽなどの特徴にばらつきがあります。以下では、日本の各地域に存在していた地域固有の柴犬、「地柴(ぢしば)」をご紹介します。

縄文柴犬

縄文時代の日本犬を再現するために改良されて誕生したのが、縄文柴犬です。
すらっと長い脚にくるりと巻いたしっぽ、面長なのが特徴的です。体つきは引き締まっていながらも筋肉質なアスリート体形で、高い運動能力を備えます。

信州柴犬

信州柴犬は信州や群馬周辺の山間部で狩猟犬として活躍していました。
日本で飼育されている柴犬のルーツのほとんどが信州柴犬で、現存する柴犬の99%は信州系と言われています。
外見としては柴犬の種類の中でも顔つきや体形が丸く、「タヌキ顔」をしています。丸っこくて可愛らしいフォルムですが、内側の筋肉はしっかりと発達しています。

美濃柴犬

美濃柴犬は古くから岐阜県で狩猟犬として飼われており、「緋赤」と称される赤みがかった濃い茶色の被毛が特徴的です。
美濃柴犬は現在において約150頭しかいない大変希少な柴犬で、日常ではまずお目にかかれません。

山陰柴犬

背中と平行に沿った「差し尾」や、尾が立った「太刀尾」の出現率が高く、耳は小さく上方についているのが特徴です。頭部が小さく全体的にスリムなタイプで、被毛の色は「赤」が基本となっています。
スリムタイプでも縄文柴犬のように筋肉質な感じではないため、他の柴犬より少し小柄な印象です。

川上犬

川上犬は長野県の天然記念物に指定されており、日常ではお目にかかれない希少種です。ニホンオオカミの血を受け継いでいるため、外見や性格は狼に似ている部分があります。
ピンと尖った三角耳に鋭い眼光、やや厚みのある被毛、細身ながらも強い足といったように野性的な見た目です。また、野性に近い犬種のため信頼関係を築くのは難しく、攻撃的な姿勢を見せることもあります。

豆柴は種類ではない

ころころとした小さな見た目で人気が高まっている豆柴ですが、実は種類として認められているわけではありません。
比較的小柄な柴犬同士を掛け合わせて繁殖させた小さな柴犬なので、JKCの血統書では「柴」となります。

その為、豆柴として販売されていても、大人になっても小さいままとは限らず一般的な柴犬サイズまで成長するケースもあります。

柴犬の飼い方

柴犬は様々な犬種の中でもとりわけ体が丈夫で、日本の気候にも適応しているので室外での飼育も可能です。身体的なケアも比較的少ないので、初心者さんでも飼いやすいでしょう。

食事

柴犬は筋肉量が多い犬種ですので、タンパク質を豊富に含むドッグフードを与えましょう。与えるドッグフードの種類や量、回数は柴犬の体重や成長段階に応じて調整することが大切です。
ドッグフードのパッケージには年齢や体重に対するドッグフードの量が記載されていますので、そちらを参考にしてください。
肥満は病気の原因となりますので、太らないようにドッグフードやおやつを与えてくださいね。

運動

柴犬は、もともと山で暮らしていた動物で大自然の中を自由に駆け回っていたため、運動能力が高いです。その有り余ったパワーを解消してあげるためにも、毎日の散歩は必須です。

基本的には毎日2回、一回あたり30分程度の散歩が必要です。広い場所で駆け回させてあげたり道具を使った遊びをしたりと、思いきり体を動かせる散歩が理想です。
天気にかかわらず屋外へ出たがるほど体を動かすことが大好きなため、たくさん運動させてあげましょう。

しつけ

柴犬は飼い主さんに忠実ですが、実はプライドが非常に高い性格なため、ゆっくり時間をかけて信頼関係を築く必要があります。
主従関係をきちんと理解させないと、なかなか言うことを聞かない子になってしまうため、根気強くしつけることが大切です。特に、人間の子供や赤ちゃんは自分よりも下にみることも多いので注意が必要です。

また、散歩やお出かけで、なるべく他の人間や動物と慣れさせておかないと、猟犬の警戒心から攻撃的になる可能性もあります。

お手入れ

柴犬は抜け毛が多い犬種ですので、定期的にブラッシング、シャンプーする必要があります。
また、被毛ケア以外にも耳掃除や歯磨き、爪切り、目のお手入れなども行います。
スキンシップをとりながらお手入れすることで、柴犬との絆が深まりますよ。

柴犬の気を付けたい病気

アトピー性皮膚炎

柴犬の被毛は短いため、皮膚疾患には少し弱いです。特に、近年は室内で飼われる柴犬が増えたためハウスダストによるアトピー性皮膚炎が増えています。
ブラッシングやシャンプーなどで皮膚を清潔に保ち、予防しましょう。

僧帽弁閉鎖不全

帽弁閉鎖不全とは、血液の逆流を防ぐ重要な役割を担う「僧帽弁」という組織が変形したり切れたりすることで血液の逆流が激しくなり、全身の血流が滞ってしまう難病です。

7歳を過ぎた高齢の柴犬が罹りやすいため、呼吸器系に症状がでたらすぐに動物病院へ連れていきましょう。

関連記事:柴犬の寿命とは?罹りやすい病気と治療・予防法を解説

柴犬を飼う上での注意点

ストレスに注意

柴犬はストレスが溜まると噛んだり吠えたりと、問題行動を起こしやすくなります。
運動させてあげる時間が少ないとストレスが溜まってしまいますので、たくさん散歩させたり遊んであげたりすることが大切です。
昔と比べて室外よりも室内で柴犬を飼う方が多くなりましたが、室内では運動不足になりやすいため注意しなければなりません。
室内でも柴犬が遊べるよう、犬用のおもちゃを使って上手くストレス発散させてあげてくださいね。

被毛ケア

柴犬の被毛はダブルコートで抜け毛が多いため、こまめに部屋を掃除したり被毛ケアしてあげる必要があります。
特に、春から夏にかけての換毛期にごっそりと被毛が抜けおちます。
柴犬の場合は被毛が短めなので、定期的なブラッシングとシャンプーでケアしましょう。

まとめ

現代の日本でも柴犬はただ可愛いだけでなく、その聡明さと貫禄のある立ち姿から、飼い主のよきパートナーとして飼育されています。
柴犬を家族として迎え入れ、一緒に楽しく過ごしてくださいね。

ホワイト(白系)の柴犬の記事一覧

柴犬の平均寿命は?気を付けたい病気と治療方法を解説

柴犬の平均寿命柴犬の平均寿命は15歳前後と言われています。小型犬の寿命が12~15歳ほどなので、柴犬はやや長生きの犬種なことが分かりますね。柴犬は屋外での飼育もできるほど体が丈夫で、日本犬のため日本の気候に対応した体質ということもあり、寿命が長いとされています。平均寿命の換算方法は諸説ありますが、人に例えた場合、柴犬は概ね以下のような年齢だと言われています。犬の年齢人に例えた年齢1歳12歳2歳2…[...続きを読む]

柴犬と秋田犬の違いについて解説

柴犬と秋田犬の歴史の違い柴犬も秋田犬は両者とも東南アジアで分布していた「バリア犬」がルーツとされ、縄文時代に渡来した際に独自の進化を遂げたとされています。先祖は同一の種であるようですが、柴犬と秋田犬はそのルーツが結構違います。まず柴犬は猟犬でウサギや鳥などの小さい動物を狩るのに使役されたとされ、人間との関係は良好だったようです。対して東北地方で飼育されていた秋田犬は同じく使役犬でしたが、その用途…[...続きを読む]

柴犬が噛むのをやめない?気を付けたい甘噛みについて

子犬の頃は、家具や飼い主さんの手など何でもカジカジ噛んでしまうことがあります。子犬の甘噛みはそれほど痛くもないので、放置してしまう飼い主さんも多いのですが、そのままにすると、問題行動に発展することも。では柴犬の甘噛みはどのようにしつけたら良いのでしょうか。柴犬は甘噛みしやすい?柴犬は古来より猟犬や番犬として人間とともに生活していました。そのため飼い主への忠誠心が高く賢い犬種ですが、警戒心が強い側…[...続きを読む]

柴犬は抜け毛が多い?抜け毛対策やお手入れ方法を紹介します

日本のみならず、海外でも人気の高い柴犬ですが、柴犬を飼うのであれば抜け毛事情についてぜひ知っておいていただきたいです。抜け毛はどれくらいなのか、またどのようなお手入れや対策が必要なのかこちらの記事で紹介しますので、参考にしてみてください。柴犬の被毛のタイプは?柴犬の被毛は、毛が二重構造になっているダブルコートです。人間は一つの毛穴から一本の毛しか生えていませんが、ダブルコートの犬種は一つの毛穴か…[...続きを読む]

柴犬の種類はいくつある?種類や特徴、飼い方について

柴犬は、日本原産の愛らしい犬種で、その魅力的な外見と陽気な性格から世界中で人気を集めています。この記事では、主要な柴犬の種類やその特徴、飼い方についてご紹介します。柴犬とは柴犬の基本的な特徴と性格、歴史的背景について説明します。基本的な特徴柴犬は中型犬種で、その体高はオスで約39.5cm、雌で約36.5cm程度です。体重は雄で10-12kg、メスで8-10kgが目安です。独特のしっぽは巻き尾で、…[...続きを読む]

柴犬ってどんな犬?その魅力と特徴を解説

柴犬ってどんな犬?その魅力と特徴を解説これから柴犬を飼いたいと思っている方は、柴犬の特徴が知りたいですよね。この記事では、柴犬の基本的な特徴や飼い方のコツなどについて解説していきます。柴犬の特徴的で愛らしい見た目大きさ柴犬は中型犬種で、通常、オスは約39.5cmの体高を誇り、10から12kgの健康的な体重を保っています。一方、メスは少し小柄で、体高が約36.5cm、体重が8から10kg程度です。…[...続きを読む]

柴犬の飼い方のポイントは?性格や性別ごとのコツ、病気について知ろう

柴犬の性格忠誠心が強い柴犬は高い忠誠心を持つ犬種として知られています。一度信頼した人に対しては、深い絆を感じ、その人を全力で守ろうとします。柴犬の忠誠心は、飼い主さんへの絶対的な愛情と尊敬の表れで、飼い主さんの安全のためなら自分自身を犠牲にもするほどです。独立心が強い柴犬はとても独立心が強い犬種として知られています。これは、柴犬が自己主張がはっきりしていて、自分の意志をしっかり持つ傾向があること…[...続きを読む]

柴犬の適正体重 健康な生活を送るために知っておきたいこと

柴犬の健康な生活を送るためには、適正な体重管理がとても大切です。この記事では、柴犬の適正体重について解説します。適正体重を保つことのメリット、フードの選び方や運動の大切さなどの知識を身につけましょう。柴犬の適正体重の大切さ適正体重とは、柴犬にとって最適な体重の範囲を指します。個体のサイズや体格に合わせた体重を維持することは、愛犬の健康に大きなメリットがあります。適正体重をキープすることで関節への…[...続きを読む]

柴犬の寿命と健康 平均寿命・病気・怪我・そして長生きのコツ

柴犬たちが幸せな生涯を過ごすためには、適切なケアや健康管理が不可欠です。この記事では、柴犬の寿命について解説します。柴犬の平均寿命について柴犬の平均寿命柴犬の平均寿命は一般的に12〜15歳です。個体によって異なることがありますし、寿命は多くの要素に影響を受け前後します。柴犬の健康状態は寿命と密接に関連しています。バランスの取れた栄養の摂取や適度な運動は、健康を維持するために特に大切です。病気や怪…[...続きを読む]

柴犬しつけの基本、飼い主として知っておくべきポイント

柴犬のしつけの基本と効果的な方法を学ぶことは、愛犬との幸せな共同生活を築くために欠かせません。飼い主さんが知っておくべきポイントを紹介します。柴犬は明るく快活な性格をしていて、適切なしつけを通じて素晴らしいパートナーに育っていきます。楽しみながら行えるしつけのコツや注意点もお伝えするので、愛犬との絆を深めながら成長していきましょう。柴犬しつけの基本を学ぼう柴犬との素晴らしい関係を築くためには、し…[...続きを読む]

柴犬の毛色まとめ!その特徴とは?

柴犬の毛色はその豊かなバリエーションと美しい色彩が魅力の一つです。日本の四季を彷彿とさせるような、自然の美しさを反映した毛色は見る者を引きつけます。本記事では、柴犬の毛色の奥深さを探り、柴犬との生活をより楽しむ一助となる情報を提供します。柴犬の毛色の種類と人気柴犬の毛色の種類は、その美しさと多様性で知られています。毛色それぞれが柴犬の独自の魅力を引き立て、愛らしさを増しています。赤柴赤柴の毛色は…[...続きを読む]

柴犬と豆柴の違い、どうやって選ぶ?

日本が誇る愛らしい犬種、柴犬と豆柴。どちらも魅力的で、一度見たら忘れられない存在ですが、その違いを理解するのが難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。ここでは、それぞれの独特の特徴から愛らしさ、忠誠心、毛色、性格の違いまで詳しく紹介します。これから柴犬か豆柴を飼いたいと思っている方に、ぴったりのパートナーを見つける手助けになるよう、両犬種の個性と確認していきましょう。柴犬と豆柴について柴犬の…[...続きを読む]