子犬・子猫とのライフステージを全面的にサポートするお店です。

こだわり検索

「 ブラック(黒系)のパピヨン 」 の一覧

【種別】ワンちゃん 【毛色】ブラック(黒系)

1件中 1~1件を表示

表示順

No.170655パピヨン女の子

価格
187,000(税込)
店舗
吹田店(大阪府)
お問い合わせ番号Inquiry number
170655
誕生日birthday
2024/03/09生まれ
毛色coat color
トライ
価格price
264,000円
187,000円(税込)
店舗情報shop
吹田店

スタッフのコメント

むっちりボディのパピちゃん🍖
とても人懐こい性格で、
嬉しくてしっぽをぶんぶん振ってくれます^^

両親の遺伝子検査🧬
パパ:VWDクリア

Instagram↓DMでもお問合せ受付中!
ID:inunoie_suita

#ペットショップ #犬の家 #吹田店
#ペットショップ犬の家 #ご家族募集中
#可愛い #仔犬 #子猫 #パピー 
#癒し #犬 #猫 #dog #cat #cute


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
☛ペットローンもご用意いたしております⋆
(最大60回まで金利手数料無料!※条件有)
☛わんちゃん・ねこちゃんの健康状態については
お電話or問い合わせフォームよりお問合せください。
☛その他不明点等お気軽にお問い合わせください
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1件中 1~1件を表示

パピヨンの特徴

種名
パピヨン
特徴
パピヨンは豊かな被毛と大きな耳を持ち、歩く姿がとてもエレガント。フランスの王妃マリー・アントワネットに愛された犬だけあって美しさは超1級!体臭の少ない犬種です。
原産国
フランス・ベルギー
成長時の大きさ
体重:4.0~4.5kg 体高:20~28cm
掛かりやすい病気
皮膚炎、膝蓋骨脱臼

パピヨンの特徴や性格について紹介します!

2018.07.23 2024.03.14

パピヨンの特徴

歴史

パピヨンの祖先はスペインのスパニエルと言われており、中世ヨーロッパで貴族に愛されてきたとされています。ヨーロッパ諸国の中でも王妃マリー・アントワネットに愛されたというのが有名です。
ちなみにパピヨンはフランス語で蝶を意味し、大きな耳が羽を広げた蝶のように見えることからこのような名前になったと言われています。その優雅な飾り毛に憧れて、かつては多くの貴婦人に愛されていた犬種です。

大きさ・体重

体重

4~6kg

体高

28cm以下

JKCでは体高28cm以下をパピヨンとしています。
パピヨンは全体的に華奢でコンパクトな体型をしており、小型犬に分類されます。大きな立ち耳は体とのバランスがとれていて、パピヨンならではの美しい被毛から優雅な印象を与えます。

毛の色

最もメジャーな毛色は白色を基調に黒や茶色が混ざったものですが、JKCでは白を基調としていればすべての色をスタンダードとして認めています。
そのためパピヨンには様々な毛色があるのですが、重要視されているのは色よりもホワイトの割合です。

基本毛色は4種類あり、レッド&ホワイト、ホワイト&セーブル、ホワイト&ブラックそして最近人気が急上昇してきたトライカラーがあります。元々パピヨンは単色のみだったようですが、近年は白が優勢になってきていて、単色のみは認められていません。

関連記事:パピヨンの毛色はどのくらいあるの?

平均寿命

パピヨンの寿命は13~15歳と言われています。小型犬の平均寿命は15歳前後となっていますので、パピヨンは平均的な寿命と言えます。
華奢なので平均寿命が短く思われがちですが、長生きしてくれる犬種なことが分かりますね。

パピヨンの性格

知能も大変高く訓練性が高いため、しつけやすく飼いやすい犬種と言われています。
優雅で気品溢れるパピヨンですが、好奇心旺盛で活発な性格をしているため、遊ぶのが大好きです。飼い主さんに愛情深く接してくれますので、一緒にたくさん遊んであげると絆がより深まりますよ。
見た目も性格も可愛らしいのですが、しっかりしつけをしないと、信頼関係を築けずに攻撃的な一面を見せることもあるため注意が必要です。

子犬期の性格は?

パピヨンは明るく活発な性格をしているため、子犬期は元気いっぱいに走り回ります。見知らぬ人や動物にもフレンドリーと言われていますが、子犬期は人や動物など新しいものに初めて触れて社会性を身につける時期ですので、警戒することもあります。
子犬期からパピヨンらしいプライドの高い一面も垣間見えてワガママな行動をとることがあるため、根気強くしつけることが大切です。

オスメスでの違い

一般的にはオスの方が甘えん坊でメスの方が落ち着いている子が多いのですが、パピヨンの場合はオスメスで性格に違いはないと言われています。
性格は個体差によるものが大きいので、実際に会ってみて気になる子の性格を確認してみてくださいね。また、性格や振る舞いは子犬期の経験も影響するとも言われています。

パピヨンは性格が悪い?

パピヨンはしつけなければ吠えたり嚙みついたりするなど問題行動を起こすこともあるため、性格が悪いと言われることがあります。
しかし、パピヨンは非常に知能が高くて賢い犬種ですので、きちんと飼い主さんがしつければ問題行動を起こすことはないでしょう。性格が悪いのはパピヨンのせいではなく、飼い主さんのしつけ方に何かしらの問題があるのかもしれません。

パピヨンの飼い方

食事

犬の食事は子犬期、成犬期、老犬期で与えるドッグフードの種類や量などが異なりますので、成長段階に合わせて食事を変えることが大切です。

例えば子犬期には歯が未発達なのでお湯でふやかしたドッグフードを1日3~4回与えますが、成犬期になるとドライタイプのドッグフードを1日2回与えるようになります。

食事量は少なすぎると必要な栄養をとることができず、健康に良くありません。だからといって食事量が多すぎると肥満になって病気にかかりやすくなるため、愛犬の年齢や体重に合った量を与えなければなりません。

愛犬にいつまでも健康でいてもらうためにも、飼い主さんは毎日の食事に気を遣ってあげてくださいね。動物病院を受診した際に、獣医師から愛犬に合った食事を教えてもらうのもオススメです。

運動

ゴージャスで華奢な容姿から運動とは無縁と思われがちですが、実はパピヨンは運動が大好きな犬種。家の中でも元気いっぱいに走りまわることも多いので、滑って怪我をしないように注意しなければなりません。散歩もできる限り1日2回朝晩で散歩に連れ出しましょう。1回に約30分程度でかまいませんが、子犬はまだしっかりと骨格が出来上がっていないことがありますので、あまり激しい運動をさせてしまうと脱臼や骨折につながります。ハードな運動は避けつつ、適宜運動させてあげてくださいね。

パピヨンのしつけ

パピヨンは非常に賢い犬種で飼い主さんの言うことをよく聞いてくれるため、しつけやすいと言われています。子犬期からしつければ、問題行動を起こさない良い子になってくれることでしょう。

様々なしつけが必要ですが、パピヨンは警戒心から吠えることがあるため、無駄吠えに悩む飼い主さんが多いようです。警戒心からくる無駄吠えには、警戒する原因が愛犬の目の前に現れた際におやつを与えてしつける方法がオススメです。例えばチャイム音がなった時に警戒して吠える場合には、チャイム音がなったらおやつを与えるようにします。そうすることで「チャイム音がなったらおやつがもらえる」と認識して吠えなくなっていきますよ。

賢いので教えたことは聞いてくれますが、それゆえに注意が必要なこともあります。
吠えたからおやつを与えて静かにした、などパピヨンのワガママを許してしまうと、ワガママが通ると学習して繰り返し問題行動を起こすようになってしまいます。
やって良いこと、悪いことをきちんと教えるようにしてくださいね。

パピヨンの気を付けたい病気

パピヨンは遺伝疾患も少ないため平均寿命も長めな犬種です。
しかし、以下のような小型犬がかかりやすい病気にはよく注意しなければなりません。

  • ・膝蓋骨脱臼
  • ・進行性網膜萎縮
  • ・眼瞼内反症
  • ・白内障
  • ・脱臼
  • ・皮膚疾患

小型犬がかかりやすい病気の症状を知っておけば、病気の早期発見、早期治療に役立ちます。愛犬に長生きしてもらうためにも、日頃から愛犬の様子をよく観察して、何か異変があったらすぐに動物病院に連れていきましょう。

関連記事:パピヨンの寿命はどのくらい?気をつけたい病気を紹介します

パピヨンを飼う上での注意点

パピヨンは小型犬の中でトイプードルについで知能の高い犬種といわれており、しつけやすく飼いやすいとされています。しかし、甘やかしてばかりでは問題行動を起こす子になってしまいますので、きちんと子犬期からしつけを開始するべきです。

プライドの高さから主従関係がはっきりしていないと言うことを聞いてくれない傾向にあるので、愛情深く接して信頼関係を築いていってくださいね。

健康面については華奢で体が弱そうに見られますが、遺伝疾患が少なく丈夫な子が多いようです。ただし、小型犬がかかりやすい病気はパピヨンもかかりやすいので、注意する必要があります。

パピヨンのお手入れ方法

パピヨンはシングルコートなので抜け毛は少ないですが、抜け毛対策は必要です。トリミング犬種ではないのでカットしなくても問題はありませんが、日頃のお手入れとしてブラッシングとシャンプーは欠かさないようにしましょう。

ブラッシング

パピヨンの細くて柔らかい被毛は毛玉ができやすいので、ピンブラシやコームを使って毛玉をほぐし、丁寧にブラッシングしてください。

抜け毛の少ない犬種ですが、ブラッシングには血行の促進や毛並みを整える役割も果たしますので、できれば毎日ブラッシングしてあげるのが理想です。

シャンプー

シャンプーをすると余分な毛が洗い落とされて抜け毛対策になりますし、パピヨンの毛についた汚れをとることができます。
パピヨンの美しい被毛を損なわないためにも、1ヶ月に1回はシャンプーするようにしてくださいね。

また、パピヨンの毛は静電気が起こりやすいので、冬は保湿力が高い犬用シャンプーを選ぶのがオススメです。

まとめ

パピヨンは活発で知能も高いため、初心者さんでも飼いやすい犬種です。気品のある見た目ですが、人懐っこくて甘えん坊な子が多く、その良い意味でのギャップがたまりません。

また、遺伝疾患の病気も少ないため、飼い主さんが愛犬の健康に気を遣ってあげれば愛犬とより長く一緒に過ごすことができますよ。

ブラック(黒系)のパピヨンの記事一覧

パピヨンの耳の特徴 たれ耳の子もいる?

パピヨンといえば大きく立った耳が印象的ではありますが、中には耳が垂れている子もいるってご存知ですか?今回は、そんなパピヨンの耳の特徴についてご紹介します。パピヨンとファレーヌパピヨンはフランス語で蝶という意味があります。確かに耳の形が羽を広げた蝶のようにも見えますね。一方で、垂れ耳のパピヨンは「ファレーヌ」と呼ばれています。ファレーヌにはフランス語で蛾という意味があります。ファレーヌとパピヨンを…[...続きを読む]

パピヨンの毛色はどのくらいあるの?

パピヨンは、豊富な毛色も魅力の一つです。そこで、どのくらい種類があるのかをまとめてみましたので、パピヨンを飼いたいと考えている方は参考にしてみてください。パピヨンのスタンダードカラー犬にはスタンダード(犬種標準)というものがあります。スタンダードとは、ドッグショーや計画繁殖する犬の参考にするもので、毛色、尻尾、ボディなど各犬種の理想とされる基準が一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)によって…[...続きを読む]

パピヨンの寿命はどのくらい?気をつけたい病気を紹介します

蝶のような大きく立った耳が特徴的なパピヨン。小さくて華奢な体をしていることから、病気にかかりやすいのではないか、と懸念している方もいるかもしれませんね。ではパピヨンの寿命とはどのくらいなのでしょうか。寿命にも関係する気をつけたい病気とともに紹介します。パピヨンの寿命パピヨンの寿命は13~15歳と言われています。小型犬の寿命が15歳前後なので、平均的と言えます。もちろん個体差はありますし、飼育環境…[...続きを読む]

パピヨンの毛質の特徴とカットの方法を紹介します!

美しい被毛が目をひくパピヨンは、ペットとして長年人気を誇っています。飼ってみたいと思っている方も多いと思いますが、室内で飼育する際に気になるのがやはり抜け毛。そこでこの記事では、パピヨンの毛質やカット方法などをご紹介します。パピヨンの被毛の特徴犬の被毛は、ダブルコートとシングルコートに分けられます。ダブルコート人間と違って、犬は一つの毛穴から7~15本ほどの毛が生えてきます。その中に長くて太いオ…[...続きを読む]