コラム・豆知識

ペットと元気に暮らすために役立つコラムや豆知識をご紹介します。

  1. ペットショップ 犬の家&猫の里
  2. コラム・豆知識
  3. 義務化?ペットにマイクロチップをつける意味やメリットについて
コラム

義務化?ペットにマイクロチップをつける意味やメリットについて

2019年6月、ペットの犬や猫に対してマイクロチップ装着を義務付けることなどを柱としている改正動物愛護法が参院本会議で可決し、成立しました。
現在犬や猫を飼っている人、あるいはこれから飼おうと考えていた人にとっては関心の高いニュースだったのではないでしょうか。
日本ではまだまだ認知度の低いマイクロチップ。つけることでどのようなメリットがあるのか、大切なペットに何か影響がないのかなどを紹介します。

マイクロチップとは?

ペットに装着するマイクロチップは、直径2mm、長さ8~12mmの円筒形です。その小さな電子標識器具に15桁の番号が記録されているので、専用のリーダーで読み取ると、飼い主の氏名や住所、ペットの性別、生年月日と言った情報がわかるようになっています。

では、そのマイクロチップをどうやって装着させるかというと、特殊な注射器を使用して皮下に埋め込みます。マイクロチップの装着が医療行為にあたるので、必ず獣医師が行います。

ペットへの影響について

本来体にはない、いわば異物を皮下に埋め込むわけですから、飼い主さんとしては健康への影響がないのかどうかが一番気になるところだと思います。
日本獣医師会によれば、マイクロチップは安全性の高いガラスまたはポリマーで覆われているため、装着したことで副作用が起きたり、ショック状態になった、という報告は寄せられていないようです。
また、定期健診でレントゲンやCTを行っても特に問題はないとされています。

マイクロチップ装着のメリット

マイクロチップを装着する一番のメリットは、迷子になったり、やむを得ず離れ離れになったりしても飼い主のもとに戻ってくる可能性が高くなるということです。先ほど説明したように、マイクロチップにはさまざまな情報が入っているので、飼い主を特定することが可能となります。
東日本大震災では、命が助かったにもかかわらず飼い主の特定ができなかったために、放浪状態となったペットが数多くいました。
どこで災害が起こるかわからない今、万が一離れ離れになってしまったときのことを考えると、マイクロチップは安心材料になります。

「でも身元が特定できるだけなら、首輪でもいいのでは?」

確かに、従来の首輪でも良い気がしますが、首輪の場合は劣化したり、何かのはずみで首から外れてしまうこともあります。しかし、マイクロチップであれば、一度装着すれば半永久的に使用することが可能です。電源も必要ないので、電池を交換する手間もありません。皮下に埋め込むので多少移動することもありますが、なくなることはありません。

マイクロチップ装着のデメリット

マイクロチップのデメリットはまだまだ対応している施設などが少ないことです。迷ってしまったペットが運よく保護されたとしても、保護してくれた保健所や警察にマイクロチップのリーダーがあるとは限りません。リーダーがなければ、有益な情報があっても役に立たなくなってしまいます。

マイクロチップに登録する情報について

データベースに情報を登録するためには、日本獣医師会に申し込み用紙を送付します。申し込み用紙に記載する項目は以下の通りです。

・飼育者の氏名
・飼育者の住所
・飼育者の電話番号
・その他緊急連絡先
・FAX番号
・Eメールアドレス
・ペットの名前
・ペットの生年月日
・ペットの性別
・ペットの種類
・犬、猫の場合は種類と毛色

電話番号や住所が変更になった際、マイクロチップに登録してある情報も更新しないと飼い主に返還できなくなってしまうので、忘れないようにしましょう。
変更するときは、データ登録完了通知書もしくは申込書の飼育者控をコピーし、そのコピーの余白に変更事項を記入して、日本獣医師会に送付してください。

まとめ

マイクロチップは、いざペットと離れてしまったときに、また自分のもとに戻ってくる確率を上げることができます。
地震大国なんて言われる日本ですから、いつ、どこで、大規模な地震が起こってもおかしくありません。ペットは人間と違って自分から飼い主に連絡することはできません。しかし、誰かが情報を読み取ってくれれば、そこから飼い主に連絡することはできます。もしものときのことを考えれば、決して悪いものではないと言えます。

記事一覧に戻る

コラムのカテゴリー

スタッフブログ

スタッフブログ一覧を見る

コラム・豆知識