子犬・子猫とのライフステージを全面的にサポートするお店です。

お問い合わせ

コラム・豆知識

コラム

いつでも愛犬と一緒にいたい人におすすめの甘えん坊な犬種

                     

当然のことながら、犬の中にもさまざまな性格の子がいますので、かわいい見た目をしているのにあまりベタベタされるのが好きではないクールな子や飼い主さんのそばにぴったりと寄り添ってくれるような、甘えん坊な子もいます。
家族として迎え入れるなら、いつでも一緒にいてくれるような甘えん坊の子のほうがいいかな…と考えている方のために、おすすめの犬種をご紹介します。

甘えん坊な犬種

ヨークシャーテリア

ヨークシャーテリア

ヨークシャーテリアはもともとネズミを捕まえるための猟犬として活躍していたこともあり、勇敢で活発な面を持っています。しかしその一方で、とても甘えん坊です。飼い主やその家族に対して深い愛情を示してくれます。大好きな飼い主さんと離れてしまうと、ご飯を食べなくなったり、元気がなくなったりする子もいるようです。

ヨークシャーテリアの子犬一覧はこちら

トイプードル

トイプードル

ペットとして人気の高いトイプードルも甘えん坊な子が多い犬種と言われています。プードルは体のサイズによってスタンダードプードル、ミディアムプードル、ミニチュアプードル、トイプードルと分かれていますが、体のサイズが小さくなっていくほど甘えん坊なところが強く出る傾向にあるようです。

トイプードルの子犬一覧はこちら

ポメラニアン

ポメラニアン

豊かな被毛にクリっとした目が特徴的なポメラニアンは、他の犬や人に対して非常にフレンドリーな犬種です。体は小さいですが活発なので、お散歩やボール遊びなど運動時間をしっかり確保してあげる必要があります。
飼い主さんといることがとにかく好きで、中には飼い主さんへの依存性が強い子もいるようです。

ポメラニアンの子犬一覧はこちら

ゴールデンレトリーバー

ゴールデンレトリーバー<

大きな体と抜群の身体能力をもつゴールデンレトリーバーは一見するとたくましいようですが、実はとっても甘えん坊です。人といることがとにかく大好きで、優しく健気な性格をしています。大型犬だからと言って家族と離れてしまうような屋外で飼育してしまうと、寂しさからストレスを抱えてしまいますので、屋内で飼育するか、屋外であっても家族の様子がよく見える位置に犬小屋を設置してあげるのが理想です。

ゴールデンレトリーバーの子犬一覧はこちら

フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグ

愛嬌のある表情が魅力的なフレンチブルドッグは、明るく活発でとても甘えん坊です。飼い主さんに抱っこされたり、ぴったり寄り添って寝ることが大好きです。フレンチブルドッグはおっとりしているようで、実はとても賢い犬種です。家族の会話に自分の話題が上がると、「なになに?」と近づいてきて、まるで会話を聞いているかのような素振りを見せることもあるようです。

フレンチ・ブルドッグの子犬一覧はこちら

セントバーナード

セントバーナード

アルプスの少女ハイジでもおなじみのセントバーナードは全犬種の中でも最重量と言われ、かなりがっしりした体つきをしています。しかし、そんな体の大きさとは裏腹に、攻撃性がなく、むしろ甘えん坊という一面をもっている可愛らしい子です。
飼育するとなると広いスペースが必要になりますが、小さな子どもとの相性もよく、良きパートナーとなってくれること間違いなしです。

セントバーナードの子犬一覧はこちら

甘えん坊な犬種こそ接し方に注意

甘えん坊な子たちは、大好きな飼い主さんに対してさまざまな愛情表現をしてくれます。そんな姿を見ていると、ついつい甘やかしてしまいがちですが、接し方に気をつけないとわがままに育ってしまい、手に負えなくなってしまいます。

甘えん坊な子たちがよくやる仕草として、飼い主さんの後をついてくる、前足でちょんちょんと触ってくる、お腹を見せてくるなどがあります。これらはすべて飼い主さんにかまってほしくて行っているものです。一度こうした要求に従ってしまうと、「こうすれば飼い主さんにかまってもらえる!」と学習してしまい、何度も行うようになります。さらに、愛犬は自分のほうが立場が上だと思ってしまい、一切指示を聞かなくなってしまいます。

こうならないためにも、愛犬がかまってほしそうに鳴いたり、何か行動をしても基本的には無視をしてください。あきらめて落ち着いたら、なでたり、散歩に連れていったりしてあげましょう。

もくじ