子犬・子猫とのライフステージを全面的にサポートするお店です。

お問い合わせ

コラム・豆知識

コラム

猫の鼻ちゅーは挨拶?鼻キスをする理由を紹介します!

                     

猫同士が鼻と鼻をくっつけている場面を見たことがある人は多いと思います。猫に対してだけでなく、飼い主が指を差し出すと、その指に向かって鼻をくっけることもあります。とってもかわいらしい行動ですが、この鼻ちゅーにはどのような意味があるのでしょうか。

猫の鼻について

猫の嗅覚は人間の数万~数十倍と非常に高性能です。そのため、まずはニオイをかぐことでさまざまな情報を収集するのです。
猫の鼻を触ってみると、ちょっと湿っていますよね?実は湿っている方が嗅覚が鋭くなり、よりニオイをキャッチしやすくなるのです。猫の鼻の表面には「鼻鏡(びきょう)」という細かな溝があります。溝の中は涙や分泌液などでぬれていて、流れ去るニオイ分子をしっかり吸着する役割があるのです。
ただ、猫の鼻は常に湿っているわけではなく、活動しているときのみ湿っています。そのため、活動していない睡眠中にそっと鼻を触ってみるとカサカサしています。

猫同士で「鼻ちゅー」する理由

挨拶

私たちが知人や友人におはよう!と挨拶するように、猫も鼻と鼻を軽くくっけて挨拶をしているのです。鼻と鼻が触れ合うほど近づくというのは、敵意がないことがわかっているからであり、顔なじみの相手や仲の良い相手に対して頻繁にやるようです。
猫を複数飼っている場合は、鼻ちゅーをしているかどうかで親密度がわかりますから、飼い主さんはよく注目してみてください。

相手の情報を確認

先ほども少し言いましたが、猫はニオイからさまざまな情報を得ようとします。猫の顔周りにはニオイを発するポイントがいくつかあるので、敵なのか味方なのか、はたまた自分より上なのか下なのかなど情報を確認するために鼻ちゅーしているのです。
初対面の相手の場合、より多くの情報が必要となりますから、ちょっと距離は取りつつ、鼻ちゅーしている時間は長くなるようです。

飼い主への「鼻ちゅー」は?

猫同士に限らず、飼い主に対しても鼻ちゅーしてくれることがあります。飼い主への鼻ちゅーはどんな意味を持っているのでしょう。

愛情表現

飼い主さんに鼻ちゅーするのは愛情表現の一つです。飼い主さんに大好きだよ!と伝える意味で顔や指先に鼻をくっつけているのです。積極的にコミュニケーションを取りたがっているときなので、ぜひ見逃さずに一緒に遊んであげるなど愛情を注いであげましょう。

情報収集

外から帰ってきたときに鼻ちゅーしてきたらそれは情報収集のためかもしれません。「いつもの飼い主さんかな?」「どこに行っていたのかな?」などニオイをかいで確認しているのです。ちなみに、飼い主さんに鼻ちゅーした後、頭や体をこすりつけてくることがあるのですが、これは消えてしまった自分のニオイを改めて付け直しているのだと考えられています。飼い主からも自分のニオイがすることで安心感を得ているのです。

要求

かまってほしい、ご飯がほしい、なでてほしいなど飼い主さんに何かを要求するときにも鼻ちゅーすることがあります。しっかり要求をくみ取ってあげないと不満そうに鳴くなど別の方法でアピールしてくる子もいるようです。

猫との鼻ちゅーで注意したいこと

大好きな愛猫と鼻ちゅーするととっても癒されますが、衛生面においてはやや注意が必要です。猫と鼻ちゅーするときは顔を近づけるので、目、鼻、口など粘膜に接触しやすくなります。その際、人獣共通感染症にかかってしまう可能性があります。
たとえば、猫の口の中にパスツレラ菌という常在菌がほぼ100%存在しています。パスツレラ菌は猫にとっては無害ですが、人間が感染してしまうと、軽い風邪のような症状から重篤な肺炎までさまざまな症状を引き起こします。噛まれたり、引っ掛かれたりした場合だけでなく、過剰なスキンシップによっても感染することがありますので、注意が必要です。

まとめ

猫同士の鼻ちゅーは、軽い挨拶であったり、相手の情報を確認したりする目的で行われます。飼い主への鼻ちゅーも情報収集という目的がありますが、もう一つ「愛情表現」の意があります。猫の方から鼻を近づけて鼻ちゅーしてくれる姿はとても愛らしいですが、過剰なスキンシップは感染症のリスクを上げてしまうことにもつながるので、若干の注意が必要です。

もくじ