子犬・子猫とのライフステージを全面的にサポートするお店です。

お問い合わせ

コラム・豆知識

コラム

犬の去勢のメリットとデメリット

                     

オスの子犬を新たな家族として迎える場合、「去勢をした方が良いのかどうか」について一度は考えると思います。去勢については賛否両論ありますが、最終的に判断するのは飼い主さんです。どうすれば愛犬のためになるのか、それを考えるためにはしっかりと情報を集める必要があります。
この記事では、去勢のメリットやリスク、去勢後はどんな変化があると言われているのかなどをご紹介します。

去勢手術とは

去勢手術では、全身麻酔を行った上で陰嚢を切開し、精巣を摘出します。こうすることで精子が生産できないようになります。

去勢するメリット

病気を未然に防ぐことができる

去勢することで、性ホルモンが関係する病気を防ぐ効果があります。たとえば、精巣が膨れ上がってしまう精巣腫瘍という病気は、去勢していないオス犬の場合、2番目に発症率が高い病気とされています。腫瘍が悪性だった場合には命にかかわることがあります。

ストレスを軽減できる

オス犬はメス犬と違って定期的なサイクルで発情期を迎えるわけではありません。発情しているメスが近くにいると、つられて発情してしまうのです。ドッグランに行ったときや散歩に出かけたとき、メス犬の発情をキャッチしてしまうと、興奮してしまい、満たされない性的欲求からストレスを抱えてしまいます。しかし、去勢していれば性衝動を抑えることができ、ストレスから解放されます。

問題行動が減る

去勢すると性格が変わる、なんてことを耳にしたことはないでしょうか。そう言われる原因として考えられるのが、攻撃性の減少です。去勢前のオス犬は、発情したメス犬を前にすると、激しく吠えたり、他のオス犬に対して噛みついたりすることがあります。しかし、去勢をすることで性ホルモンが減少しますので、闘争心や独占欲などが和らぎ、こうした問題行動も軽減できます。

去勢するデメリット

太りやすくなる

去勢後の悩みとして多いのが肥満です。性ホルモンの分泌がされなくなると、活動量が減り、基礎代謝が低下する傾向にあります。そのため、去勢手術前と同じ量を食べているにも関わらず、肥満になってしまいます。対処法としては、運動量を少し増やしたり、体重ケア用フードに切り替えてあげたりする方法があります。また、ドッグフードの中には「去勢・避妊後」と書かれたものもありますので、そうした専用フードを取り入れてみるのも良いでしょう。

被毛や皮膚に影響が出る

性ホルモンの分泌量が変化することで、毛づやが悪くなった、毛の量が変化した、という例があります。

去勢手術にリスクはないの?

去勢手術を行う際は全身麻酔を行います。麻酔によって犬が死亡するケースは、非常にまれではありますが、まったくないとは言い切れないところがあります。老犬や体力が低下している犬の場合は麻酔によるリスクが高くなるとされています。ただ、手術の前には適切な検査を行いますので、場合によっては麻酔を中止することがあります。

去勢の時期

オスの場合、メスのように発情期がありません。そのため、いつまでに去勢手術を受けなければいけないという時期が明確にあるわけではありませんが、生後7か月頃に性成熟に達すると言われているので、その前の生後5~6か月あたりに行うことが多いです。
オスは性成熟に達すると後ろの片足を上げておしっこをするマーキングを行うようになります。できれば足をあげての排泄を習慣にさせたくないということであれば、マーキングを行う前に去勢手術を行うことをおすすめします。

術後の生活で気をつけること

激しい運動は控える

走ったり、高いところジャンプしたりすると、傷口に痛みを伴う危険性がありますので、抜糸をして、傷口が安定するまでは軽い運動を心がけるようにしてください。

傷口を舐めさせない

犬が傷口を気にして舐めてしまうと、そこから雑菌が入って化膿してしまうことがあります。傷口がしっかりふさがり、炎症がなくなるまではエリザベスカラーなどを着用させて傷口を舐めさせないようにしてください。また、傷口がぬれることもできれば避けたいので、シャンプーは去勢手術前に済ませておきましょう。

スキンシップを積極的にとる

動物病院という慣れない環境下で手術を行うということは、愛犬にとって精神的な負担が大きいです。手術を終え、無事に愛犬が家に戻ってきたら、積極的にスキンシップをとって、愛犬の心をリラックスさせてあげましょう。

まとめ

去勢手術によって精巣を摘出すると、性ホルモンが関与する病気を未然に防げたり、性衝動を抑えることができたりとさまざまなメリットがあります。一方で、子犬に全身麻酔を行うというリスクもあります。
どういう選択が愛犬にとってベストなのか、判断するのはなかなか難しいかと思います。手術について相談したいことや不安に思っていることがあるのであれば、一度近くの動物病院で相談してみることをおすすめします。

もくじ