子犬・子猫とのライフステージを全面的にサポートするお店です。

コラム・豆知識

予防

猫の食器は人用の洗剤で洗っても大丈夫?

2021.08.30
                     

毎日愛猫が食事をする際に使う食器。

猫が直接口をつけるものだけど、人用の洗剤で洗っても大丈夫なのかな…と疑問に思った飼い主さんもいるのではないでしょうか。

健康上問題があるのであれば、使用は考えたいところですよね。

そこでこの記事では、人用の洗剤で洗ってしまっても問題はないのか、また猫の食器を洗うときはどのようなことに気をつければ良いのかをご紹介します。

ねこの食器のヌメリの原因

猫が使っている食器を触った際に、ヌメリが気になった飼い主さんも多いと思いますが、あれはフードの油などではなく、「バイオフィルム」によるものです。

バイオフィルムというのは、微生物の集合体のことです。数種類の細菌が集まって、薬剤などの外的要因から身を守るために膜をはります。この膜がヌメリの原因なのです。

このバイオフィルムがしっかりと落とされていない状態のお皿で食事をしてしまうと、フードと一緒に菌も体内に入れてしまうことになります。

そのため、愛猫の食器はしっかりと洗浄して、清潔な状態を保つことが大切です。

人用の洗剤で洗っても大丈夫?

人用の洗剤には、界面活性剤や香料などが含まれているため、あまりおすすめはできません。

丁寧にすすぐことで、洗剤の成分はおおむね流れますが、香りに関しては残ってしまう可能性があります。

猫は人間よりも嗅覚が優れていますから、人間からすると無臭でも、猫からするとまだまだ香りが残っているかもしれません。

特に食器用洗剤に多い柑橘系の香りは、猫が苦手としている香りなので、洗い残しがあると、猫にとっては苦痛になってしまう、ということを理解しておきましょう

猫の食器を洗う際のポイント

ペット用の洗剤を使う

人用の洗剤は、界面活性剤や香料が入っていることに加え、バイオフィルムを落としにくいので、できればペット用の洗剤で洗った方が良いです。

ペット用の洗剤は、たとえ猫の体に入ってしまっても安全な天然成分を使ってしますし、香料もなく、ヌメリもすっきり洗い上げることができます。

十分にすすぐ

できればペット用の洗剤を使用したほうが安全ですが、やむを得ず人用の洗剤を使用する場合は、十分にすすぐようにしましょう。

すすぎが不十分だと、界面活性剤など洗剤の成分が猫の体内に入ってしまいます。

スポンジを分ける

猫の食器を洗うスポンジと人間の食器を洗うスポンジは、必ず分けるようにしてください。

せっかく洗剤をペット用と人用でわけても、スポンジが同じだと意味がありません。

また、可能性としては低いですが、スポンジを共有することで、人獣共通感染症を引き起こすことも考えられます。

人獣共通感染症を予防するために、食器の共有や過剰な接触は避けることが推奨されているので、念のため、スポンジも分けておきましょう。

ペット用スポンジを使用する

ペット用のスポンジの中には、洗剤を使わなくてもヌメリを落とすことができるものもあります。

でも洗剤を使わないと菌が繁殖してしまいそう…ということであれば、煮沸消毒も併用して行うのがおすすめです。

定期的に煮沸消毒をする

洗剤できれいに食器を洗っても、雑菌が残ってしまうことがあります。

しかし、猫が直接口をつける食器に漂白材を使うわけにはいかないので、煮沸消毒を行ってあげましょう。

全ての菌を殺菌できるわけではありませんが、食中毒やノロウイルスなど一般的な菌に対してはしっかりと効果があります。

煮沸消毒をする際は、必ず耐熱温度を確認してください。

プラスチック製の場合、耐熱温度が100度以上のものであれば、煮沸消毒が可能です。

毎回すぐに洗う

使った食器を洗わずに長時間放置してしまうと、菌がどんどん増殖してしまいます。

増えてしまった菌を100%きれいに洗い流すというのは難しいので、食事が終わったら、毎回すぐに洗うようにしましょう。

猫が洗剤をなめてしまったら?

猫が洗剤を舐めてしまった場合の対処法として、肉球や体に洗剤が付着している場合は、これ以上洗剤を口にしないように、すぐに洗い流してください。

シャワーが苦手な子であれば、濡れタオルで丁寧に拭いてあげましょう。

大量に舐めてしまった場合や、口に入れた量がわからない場合は、すぐに動物病院に連れていってください。

食器用洗剤に含まれている界面活性剤は一定量摂取すると、下痢や嘔吐といった中毒症状を起こすことがあります。

また、界面活性剤は消化管粘膜を破壊することが多く、場合によっては重症化するケースもあります。

ネットに書いてある対処法を鵜呑みにして、あれこれ試してしまうと、かえって愛猫に苦しい思いをさせてしまう危険性がありますので、自己判断で動くのではなく、必ず動物病院で相談してみましょう。

まとめ

愛猫の食器を洗う際は、できればペット用の洗剤を使ってあげることが理想です。

人用の洗剤も使用可能ではあるのですが、中毒を引き起こす可能性のある界面活性剤や、香料が含まれているということを理解しておきましょう。

もし、人用の洗剤を使って食器を洗う際は、十分にすすいであげる、無香料のものを使うなどの配慮をしてあげてください。

もくじ

この記事の監修者

ペットショップ 犬の家&猫の里

犬の家&猫の里 編集部

犬の家&猫の里は、ワンちゃんネコちゃん専門のペットショップです。
動物病院やトリミング施設を併設した店舗、ペットホテルの運営など、
飼い主さまと大切なペットを末永くサポートさせて頂きます。
日々ワンちゃんネコちゃんに対する知識レベル向上に励み、みなさまに
お役立ち情報をお届けします。