子犬・子猫とのライフステージを全面的にサポートするお店です。

お問い合わせ

コラム・豆知識

コラム

犬を車に乗せるときの方法と注意点

                     

病院やトリミングサロンに連れていくとき、または一緒にドライブ楽しみたいときなど車を所有している方であれば、愛犬を車に乗せる機会はたくさんあると思います。
しかし、正しい方法で愛犬を乗せないと、危険なだけでなく、罰せられることもあるってご存知でしたか?

正しく乗せないと罰せられる?

道路交通法第55条第2項では以下のように定められています。

車両の運転者は、運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げ、後写鏡の効用を失わせ、車両の安定を害し、又は外部から当該車両の方向指示器、車両の番号標、制動灯、尾灯若しくは後部反射器を確認することができないこととなるような乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。(引用:e-Gov

つまり、愛犬が車内を自由に動き回れるような乗せ方や、運転者の膝の上に抱っこするような乗せ方をしていると、ハンドルやその他の装置の操作を妨げているとみなされ、道路交通法違反で罰せられてしまうことがあります。また、正しくない乗せ方は愛犬を危険にさらす可能性が非常に高くなります。ときどき開けた窓から身を乗り出している犬を見かけますが、場合によっては落下してしまうおそれがあります。他にも、急ブレーキをかけた際、フロントガラスに激突してしまう危険性もあります。

愛犬を安全に車に乗せるための方法

クレートもしくはケージに入れる
基本的な乗せ方としては、クレートもしくはケージに入れ、シートベルトで固定します。サークルなどに入れてしまえば犬が自由に車内を動き回ることはないですし、シートベルトで固定されていれば何より安全です。

ドライブボックスに入れる

ドライブボックスというのは、上側開いた箱のようなもので、座席に固定し、その中に愛犬を入れます。箱の中にはリードフックがついているので、愛犬がボックスから飛び出してしまうのを防ぎます。クレートやケージになかなか入ってくれないという子はドライブボックスがおすすめです。

犬用シートベルトを装着させる

車のシートベルトにつなげて使えるもので、首輪とつなげるタイプやハーネスタイプのものがあります。特に大型犬の場合はクレートやドライブボックスを用意するとなるとかなり大きいサイズが必要になるので、犬用シートベルトを利用することが多いようです。

乗せる位置はどこが最適?

愛犬を乗せる位置は助手席、後部座席、ラゲッジスペースのどこが良いのでしょうか。
安全なのは後部座席もしくはラゲッジスペースです。
助手席に乗せれば様子がうかがえて良いようにも思えますが、落ちつかない犬の場合は運転に支障をきたす可能性があります。また、エアバッグが作動するような事故にあった場合、助手席にいるとケガをすることがありますので、後部座席かラゲッジスペースが安全です。

犬を車に乗せるときの注意点

車内温度に配慮する
犬が車内にいる場合は、エアコンを使用し、車内温度を適宜調整してあげてください。人間がちょうど良いと感じていても、愛犬にとっては寒すぎたり、暑すぎたりすることがあります。エアコンだけでなく、毛布やペット用のクールマットなどを用意しておくのもおすすめです。

こまめに休憩をとる

後部座席やラゲッジスペースに愛犬を乗せていると、様子がわかりにくいため、特に長距離の移動をする際はこまめに休憩をとって、愛犬の状態を確認してあげてください。おとなしく乗っていると思ったら車酔いになってぐったりしていた、ということもありますので、1~2時間に1回くらいのペースで休憩をはさみましょう。

車内に放置しない

車内にペットや幼児を放置していたら、熱中症で死亡していた、といういたましい事故をニュースなどで聞いたことがある人もいると思います。外に駐車した車は、短い時間でどんどん車内温度が上がります。「ちょっとそこまで行くだけだから…」と窓も開けずに放置することは絶対にやめてください。

まとめ

車の窓から身を乗り出して、気持ちよさそうに風をうけている犬を見ると、かわいいなと思いますが、そういった乗せ方は実はとても危険です。
犬は自分で安全を確保することはできませんから、飼い主さんの管理が重要です。愛犬と車で出かける際には、必ず正しい乗せ方を意識するようにしてください。

もくじ

あああ

あああ